スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人、日ハムドラフト総括 2013

久しぶりの記事になりました。
今年の巨人と日ハムのドラフトを振り返りたいと思います。


【日ハム】

1位 渡邉 諒 東海大甲府高 遊

松井、柿田、岩貞と3連続で外したのち、最後の12人目で獲得したのは渡邊。
1位は即戦力投手というのは間違えないと思っていましたが、強打の遊撃手をとりました。補強ポイントでもあります。
しかし、菅野の一件などもあり東海大から指名するとは驚きです。きちんと入ってくれれば良いのですが・・・

とにかく打撃が良い選手。球場が札幌ドームになるということで、本塁打数は多くはならないでしょうが打率と長打率は良くなるのではないでしょうか。
守備、走塁は今からでも使えるレベルです。松井稼頭央になれるとも言われています。
同じ高校の同じタイプである高橋周平が順調に成長しているので、この渡邊も楽しみですね。


2位:浦野 博司 セガサミー 投

ドラ1指名が有力視された社会人右腕を2位で獲得。これはナイスな指名です。
多彩な変化球をもち、中継ぎや抑えでの起用が有力視されています。
しかし、日ハム投手陣では先発の駒が足りないこともあり、ローテ入り出来るのではないでしょうか。


3位 岡 大海 明治大 内

3位は二刀流選手の岡。プロでは野手専念となるでしょうか。まさかの二刀流あるのかな。
一塁が日ハムはウィークポイントなので、一塁での起用が有力視されますが、外野も守れる選手です。
打撃では長打力があり、走塁では中々の走力を持っています。陽岱鋼のような選手に育ってもらいたいですね。
今の日ハムの野手陣を考えれば、当然早くからの起用が考えられます。


4位 高梨 裕稔 山梨学院大 投

ノーマークの投手でした。
データを見ると四死球がちょっと多い印象。
かなりでかい投手なので、磨けば球速も伸びて良い投手になるのではないでしょうか。
フォークが持ち味ということなので、中継ぎや抑えなどでの起用になるでしょう。


5位 金平 将至 東海理化 投

広島1位候補とも言われた逸材です。
150㎞近い球を投げる左腕ということで、日ハムが一番欲しかった先発型左腕です。
制球力が心配されてますが、そこさえ直ればエースになれる逸材なのではないでしょうか。


6位 白村 明弘 慶應義塾大 投

素行が不安視されてこの順位になりました。
6位で入団してくれるのか、不安ですが、素晴らしい素材を持った投手です。
ストレートの良さでは大学ナンバー1なのではないでしょうか。


7位 岸里 亮佑 花巻東高 外

甲子園では主に外野手として活躍した選手です。ご存じ、大谷の後輩です。
甲子園のあの打撃を見たらどんな野手になるのだろう、と期待できる選手です。
レフト岸里、ライト大谷というのが見られる日もそう遠くはないでしょう。3番や5番を任せたいタイプです。


8位 石川 亮 帝京高 捕

名門帝京で1年からスタメンマスクをかぶっていた「いしかわりょう」が最後の8位で指名されました。
ちょっと伸び悩みをした印象ですが、甲子園では大谷からもヒットを打ってますし、潜在能力はある選手だと思っています。
移籍が噂されている鶴岡も下位指名から活躍しましたし、将来が楽しみな捕手です。

・・・1位を3人も外したため、満足なドラフトではありませんが、即戦力投手3人に、将来が楽しみな高校生2人という指名は良かったのではないでしょうか。
内野の要となる選手がいなかった日ハムですが、渡邊選手が将来大物になってくれれば良いと思います。




【巨人】

1位 小林 誠司 日本生命 捕

単独指名を狙った石川を外し、ポスト阿部となる小林を指名しました。
広陵時代は野村とバッテリーを組み甲子園準優勝、25歳の即戦力捕手です。

打撃力は全くの期待外。2割前半で御の字という感じでしょうか。
しかし持ち味は守備。これはもう素晴らしい捕手です。
キャプテンシーもあり、次期巨人を引っ張っていく選手になるのではないでしょうか。


2位 和田 恋 高知高 内

高校野球界では有名な強打の三塁手です。村田、坂本の後継者となれる逸材です。
松井のように外野転向しても面白いのではないでしょうか。強肩です。
右打ちというのが今や貴重で良いですね。


3位 田口 麗斗 広島新庄高 投

甲子園出場こそなりませんでしたが、あの広島県大会決勝の熱投は将来性を感じさせるものがありました。
小柄なことが3位指名に落ち着いた原因でしょうが、左腕で速い球を投げる投手は貴重です。
巨人ということもあり、しばらく一軍は遠いのかもしれませんが、間違えなく戦力になっていくでしょう。


4位 奥村 展征 日大山形高 内

甲子園ベスト4入りに貢献した遊撃手ですが、日本代表でも守っていた二塁手での起用となるでしょう。
選球眼もよく、2番タイプとして育てれば巨人にとって貴重な野手になるのではないでしょうか。


5位 平良 拳太郎 北山高 投

最後の投手も高卒です。沖縄の北山高校出身の投手です。
三振のとれる変化球を多く持っています。中継ぎタイプという感じでしょうか。
巨人の育成能力に期待です。


・・・石川を外してしまったことは痛いでしょうが、阿部の負担を減らす捕手と余裕を感じさせる高校生4人指名は良い指名でした。
スポンサーサイト

日ハム、巨人ドラフト考察 2013.5

今年度の日ハム、巨人のドラフト考察です。徐々に変更を加えていきたいと思います。


◆巨人

右投手:特に補強の必要はなし。高卒の素材型タイプを下位で
左投手:中継ぎ候補が欲しい所。大社卒左腕がいて良い
捕手:阿部の後釜が必要。強打の捕手が多い今年が狙いどきか
内野手:打撃力のある二塁手が必要
外野手:俊足の選手を。また、レフトを守れる選手を

地元枠:なし
特別枠:東海大の左腕、渡辺なんかが狙い所か。


1巡目:小林 誠司(日本生命)・・・森と迷う所だが、即戦力捕手を指名と予想。打撃力もある
2巡目:東明 大貴(富士重工)・・・150㎞を投げる即戦力右腕。先発候補になる
3巡目:甲斐 翼(宮崎日大)・・・145㎞を投げる左腕。エースになれる素質あり
4巡目:田中 広輔(JR東日本)・・・菅野と同期。二塁遊撃を守れ、今年度好調
5巡目:吉田 雄人(北照)・・・走攻守三拍子そろった外野手。ミート力に長ける


…1位の捕手を誰で行くかが最大の悩みどころである。将来性抜群の大阪桐蔭の森か、即戦力の日生の小林か、はたまた単独で狙える立正大の吉田か。
阿部の具合を考えると、森よりかは即戦力の小林を狙うのでは、と考えました。広島・野村と高校では同期でやっていた捕手です。多くても2球団くらいの競合ですむでしょうから、狙い所です。
2位東明は先発枠、3位の甲斐も育て次第で化ける選手です。
4位の田中は東海大枠。二塁も守れるため、守備固めとしても。足もあります。
5位の吉田はミート力が良い高校生。若手の外野手が少ないため、必要な選手です。


◆日ハム

右投手:先発、中継ぎ両方足りない。即戦力を
左投手:先発、中継ぎ両方足りない。即戦力を
捕手:1人くらい獲得しても良い
内野手:強打の内野手が必要
外野手:極端な駒不足のため、2人以上の指名が必要


地元枠:杉浦(國學院大)、西藤(道都大)など
特別枠:なし



1巡目:松井 裕樹(桐光学園)・・・怪物ドクターK。即戦力で活躍できる
2巡目:岩貞 祐太(横浜商大)・・・今期下位に終われば2位で獲得できる左腕の逸材
3巡目:河野 凌太(日本経済大)・・・打撃力と守備力のある外野手。
4巡目:工藤 悠河(立命大)・・・北海道出身、148㎞の直球は魅力。制球力に難
5巡目:平原 庸多(立大)・・・投手から外野手転向。これからに期待がかかるスラッガー
6巡目:平田 将(大産大付)・・・将来性を感じる左腕。メジャーも注目
7巡目:石岡 諒太(JR東日本)・・・長打と足のある一塁手。外野も守れる

・・・一番良い選手を取る、が日ハムの信念。当然松井で決まりなんでしょうね。
今シーズンこれからどういう順位になるかは分かりませんが、下位であれば2位で岩貞のような好投手を狙うでしょう。
外野手は今の人数からいって間違えなく取るのではないでしょうか。明大の中嶋などもいます。順位によっては2位で仙台育英の上林もあり得るかも。
4位の工藤は北海道出身の投手。4位で残ってるかどうか。5位の平田は帝京から立大へ。外野手転向し、パワーを発揮してる選手。
7位の石岡は、案外日ハムの弱点である一塁と外野を守れる選手。ぴったりの選手だと思います。

レインボーモータースクール Ⅱ

さて、今日は修了検定以降を書いていきます。


修了検定とは、仮免許証を発行するための技能試験です。この後に仮免学科試験に合格したら仮免がもらえます。

修了検定で問われるのは、指示速度、坂道発進、狭路(S字、クランク)、交差点の通行、踏切などです。
修了検定は難しいように思われますが、検定員も鬼ではありません。「一発不合格」となるいくつかのミスだけ防げば、そう落ちるものではありません(減点などの内容については他サイトを見てください)

修了検定に受かったら、教習所内で仮免学科試験を受けます。
各授業で配られるプリントと、自習室で使えるファイルというのを使えば簡単に受かります。もちろん勉強は必要ですよ。


仮免学科試験に受かったら、仮免許が発行され、ようやく路上のスタートです。
このころにはまずまずの技量を身につけているので、路上が不安だ、って方も大丈夫だと思いますよ。


<第二段階>

第二段階では、路上でいくつかのコースを走ると共に、複数人でやる教習などもあります。

レインボーモータースクールのいくつかのコースを紹介します(私が走った範囲で)

・幸魂大橋コース:幸魂大橋を通り、埼玉県戸田で一周します。比較的簡単なコースですが、スピードを出します
・笹目橋コース:笹目橋を通り、埼玉県戸田で一周します。交通量が多く、スピードが速いです。
・西高島平コース:いくつかコースがあります。工場街、住宅街などを通り、比較的まっすぐな道が多いです。
・白子コース:非常に道が狭く、難しいコースです。
・朝霞コース:難しい交差点がいくつもあります。交通量の多い笹目通りも走ります。
・和光市コース:和光市駅前などを通ります。交通量が多く、渋滞などもあります。

コースの中でもさらに細かく分かれる場合があります。卒業検定はよく通る道を使います。


1回目:シミュレーターを使い、急ブレーキの体験をします。

2回目:初めての路上です。おそらく幸魂大橋か笹目橋コースを走ります。最初は優しい道なので、心配なく

3回目:どこかのコースを走ります。狭い道などが出てきて、ぐっと難易度が上がります。

4回目~7回目:どこかのコースを走ります。半クラッチの使い方、坂道の同時発進などをここらへんで使いこなせるようになります。

8回目:複数人で走ります。卒検に向けて、路上で駐車が出来るようになります。

9回目:ATの特別教習です。ATにはドライブの他にロー、セカンドギアもあり、それを使えるようになります。

10回目、11回目:所内で方向変換、縦列駐車の練習をします。イメージしているよりは簡単です。

12回目:どこかのコースを走ります。

13回目セット講習です。複数人で走り、運転者の運転を評価します。

14回目、15回目:高速を走ります。イメージより簡単ですが、ハンドル操作が難しいです。

16回目:どこかのコースを走ります。

17回目、18回目:方向変換、縦列駐車と路上を行います

19回目:見極めです。方向変換、縦列駐車、路上を行います。


技能が19回、学科が原付講習、救急救命講習など全部終わり、効果測定に合格したらついに卒業検定です。


卒業検定は、決められたコースを2人1組、1台につき2、3組で走ります。
1組の流れとしては、1人が行き1人が帰り(別コース)の路上が40分、所内で方向変換か縦列駐車のどちらかを1回やり、20分で1組60分ほどです。3組目の方はかなり待つため、リラックスをする必要があります。

卒業検定も、基本的に落とすようなことはしていません。始まる前に各コースの危険ポイントなどを教えてくれます。
しかし、歩行者の保護不足や停止線を越えたりすると一発不合格になりますので注意が必要です。
それでも合格率は非常に高く、9割前後といっても良いです。安心してください。


ちなみに私は、二段階後半の頃には考えることもなく出来ていた、「発進時にローギアにする」ということを2回も忘れてしまい、1度はなんと交差点の中でエンスト・・・2回目はトップギアで発進してしまい、8000回転くらいまで回転数を上げてしまうミスをしてしまいました。
また、方向転換も4回で一発中止のところ、3回の切り返し幅寄せをしてしまいました・・・

これで受かったんですよ(笑)安心してください。普通のことを思い出せば受かります。


レインボーモータースクールとはこれで最後です。あとは、本籍地の免許センターで学科試験に合格したらめでたく免許交付となります。


以上です。レインボーモータースクールについて、気になった方はぜひホームページを参考にしてください。
コメント欄での質問も待っています。

レインボーモータースクール Ⅰ

ついこの間まで、普通免許を取りに教習所に行ってきました。
行ったのは埼玉県和光市にあるレインボーモータースクール。

通学していて気づいたのは、レインボーモータースクールに実際に通われている方のブログが少ないこと。年4000人もの卒業生を出している割に、良い情報がほとんどありません。
なので、これから2、3回に分けてレインボーモータースクールの特徴と、実際どんなことをやってきたかを書いていこうと思います。
行うことは時代によって違うと思います。今後変わる可能性は十分あることをご承知ください。


◆レインボーモータースクールの特徴

一番の特徴としては、天下のホンダが経営していることです。
自動車は全てホンダ。バイクもホンダです。大手の安心感というのは間違えなくあります。
そして日本有数の大きな教習所であります。コースも片側2車線の広いコースがあり、建物も結構な大きさです。
教習所、教官も100を超え、卒業生が年間4000人というのは凄い話です。

建物は数年前に新しくなったため、かなり綺麗な印象を持ちます。
車は基本、ホンダのシビックを使います。8割ほどの車は新車で、デジタルメーターです。かなり快適な印象を持ちます。

予約などに関してはインターネットが活用できます。窓口までいけば当日キャンセル有りなのも嬉しいところ。
予約やキャンセル待ちは思った以上にとれます。混雑期でも、3時間程度待てば乗れる日がほとんどです(全く乗れない日もあります)

レインボーの一番の利点としては、交通の良さです。池袋、高田馬場、赤羽、十条、巣鴨、水道橋、板橋区の多くの駅から無料送迎バスが出ています。東大、東洋大、大正大など多くの大学の最寄り駅から出ているのも人気のポイントです。

料金は決して安い部類ではないですが、高くもないという印象です。

教官の方々は、しっかりとした教育を受けているのか、優しい方が多いです。
昔のように、嫌みを込めた鬼教官というのはいません。ただ、無口で愛想が悪い教官はごくわずかですがいます。年齢が高い方達なので、そこは仕方の無いポイントです。


それでは、実際に学科、各技能でどのようなことをしたかを書いていきます。


【学科】

第一段階、第二段階で併せて約20時間程度、学科教習があります。授業は50分で、スライドショー形式です。ビデオなどを使っているので、高校や大学の授業に比べるととてつもなく面白いです。ただ、居眠りや途中退室は受講と認められませんので注意をしてください。
3時間の救命講習(AEDや人工呼吸法などを学ぶ)や、セット講習(危険予知講習)などもあります。


【技能】

<第一段階>

1回目:シミュレーターのようなもので、車の機能を覚えます。発進、停止が出来るようになります。

2回目:最初から普通に運転します。ロー、セカンドしかギアは使いませんが、ほぼ正方形のコースをぐるぐる回ります。MTの場合、発進の仕方、停止の仕方でクラッチの使い方を覚えます。

3回目:サードギアを初めて使います。カーブではセカンド、ストレートではサードギアを使えるような練習をします。

4回目:発進の仕方を覚えます。また、走行位置の感覚を覚えます。

5回目:発進のタイミングを覚えます。

6回目:曲がり角を上手く曲がれるようにします。90度の曲がり角などを曲がります。

7回目:坂道発進を学びます。また、真後ろへの後退が出来るようになります。

8回目:狭路(S字、クランク)の通行の仕方を学びます。1回ではまず無理なので、何度もやって覚えます。

9回目:狭路の通行の仕方を学びます。

10回目:ATを初めて運転します。クリープ現象を覚えます

11回目:進路変更や交差点の通行が出来るようになります。信号に合わせての右折左折をやります

12回目:無線教習です。決まったコースを一人で運転します。2、3台列になり、わかりやすいコースを走るので安心です。おそらく初めて運転が楽しいと感じる瞬間があるでしょう。

13回目:交差点の通行をマスターします。

14回目:踏切の通行が出来るようになります。また、緩い坂道で同時発進の練習をします。

15回目:見極めです。修了検定と同じコースを走り、総まとめを行います。


15回の技能を終え、10回の学科を終え、効果測定という模擬試験に受かったのちに修了検定があります。

修了検定以降や技能の第二段階以降は、次回書きます。

WBC、3連覇ならず

WBC準決勝で日本は敗れ、3連覇はなりませんでした。

3連覇というのは甲子園でも1度しかないですし、W杯でもおそらく無いのではないでしょうか。
それくらい難しいことです。

日本は、次回に向けてこの敗戦というのを糧に強化していかなくてはなりません。
さまざまな視点から今回の問題点を見つけ、次回最高のチームにするべきだと思いますので、反省会がてら、各選手の評価をまとめてみたいと思います。
評価はA~Eまで。


【コーチ陣】

山本監督(D)・・・スタメンの決定は良かった。が、投手起用や代打や守備交代の場面で選手層の薄さもありひどさが見られた。コーチ陣と共に、監督業から離れてしまったブランクが出たのだろう。次回はぜひ、現役監督でお願いしたい。

他コーチ(D)・・・緒方、高代両コーチは素晴らしい活躍だった。投手起用の面で東尾コーチら、実践から離れていた分のひどさが見られた。メジャーを知っている桑田氏や佐々木氏などを次回はいれるべきだろう。


【選手陣】

先発投手(B)・・・メジャー組が0人、WBC経験者も少ないという中では、比較的良かったように思う。能見が本戦で崩れてしまったのは誤算だったか。田中は完全に力を発揮出来なかった。前田はアメリカで制球に苦しんだものの、本戦での活躍は見事。メジャー球団が注目するのも当然の活躍だった。やはり、準決勝以降のアメリカではメジャーを知っている投手がいなければ勝ち上がれないというのが分かった。少なくともメジャー帰りの投手が必要であろう。

中継ぎ投手(A)・・・オランダ戦では崩れたものの、ほぼ完璧なリリーフを見せてくれた。特に牧田のようなアンダースローが完全に通用することが分かり、次回はサイドスローやアンダースローなど変則型を用意しておくことも大事であろう。日本人は変化球を多様するというイメージから、澤村の剛速球も使えることが分かった。


捕手(D)・・・阿部がリード以外結果を出せなかった。やはり4番捕手主将は重圧が重すぎた。采配ミスであるだろう。炭谷、相川はリード面がひどかった。打撃も大事だが、守備固めとして使える捕手が次回は必要だろう。横浜の高城や日ハムの大野などの成長が期待される。

内野手(B)・・・無茶な起用により、鳥谷や井端などは相当苦労しただろうが、良い場面で打つなど見事な活躍を見せた。反面、強打の選手が必要の一塁、三塁の選手が下位を打つという状況になった。準決勝のように一発が必要な試合もあるため、次回は強打の選手を選ぶ必要がある。松井稼頭央は本戦で打撃不振に陥ったが、アメリカのデータ分析という意味では非常に重要な選手だった。次回もメジャー帰りの西岡などの選出は不可欠であろう。

外野手(C)・・・守備で大きなミスやファインプレーがなかったため、目立たないが安定感はあった。稲葉、角中、長野の不振は予想外。内川や中田は良かったが、準決勝での不振とミスが響いた。内川にとっては悔しいミスであろう。


次回はぜひとも優勝をお願いしたいものです。
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。