スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人、日ハムドラフト総括 2013

久しぶりの記事になりました。
今年の巨人と日ハムのドラフトを振り返りたいと思います。


【日ハム】

1位 渡邉 諒 東海大甲府高 遊

松井、柿田、岩貞と3連続で外したのち、最後の12人目で獲得したのは渡邊。
1位は即戦力投手というのは間違えないと思っていましたが、強打の遊撃手をとりました。補強ポイントでもあります。
しかし、菅野の一件などもあり東海大から指名するとは驚きです。きちんと入ってくれれば良いのですが・・・

とにかく打撃が良い選手。球場が札幌ドームになるということで、本塁打数は多くはならないでしょうが打率と長打率は良くなるのではないでしょうか。
守備、走塁は今からでも使えるレベルです。松井稼頭央になれるとも言われています。
同じ高校の同じタイプである高橋周平が順調に成長しているので、この渡邊も楽しみですね。


2位:浦野 博司 セガサミー 投

ドラ1指名が有力視された社会人右腕を2位で獲得。これはナイスな指名です。
多彩な変化球をもち、中継ぎや抑えでの起用が有力視されています。
しかし、日ハム投手陣では先発の駒が足りないこともあり、ローテ入り出来るのではないでしょうか。


3位 岡 大海 明治大 内

3位は二刀流選手の岡。プロでは野手専念となるでしょうか。まさかの二刀流あるのかな。
一塁が日ハムはウィークポイントなので、一塁での起用が有力視されますが、外野も守れる選手です。
打撃では長打力があり、走塁では中々の走力を持っています。陽岱鋼のような選手に育ってもらいたいですね。
今の日ハムの野手陣を考えれば、当然早くからの起用が考えられます。


4位 高梨 裕稔 山梨学院大 投

ノーマークの投手でした。
データを見ると四死球がちょっと多い印象。
かなりでかい投手なので、磨けば球速も伸びて良い投手になるのではないでしょうか。
フォークが持ち味ということなので、中継ぎや抑えなどでの起用になるでしょう。


5位 金平 将至 東海理化 投

広島1位候補とも言われた逸材です。
150㎞近い球を投げる左腕ということで、日ハムが一番欲しかった先発型左腕です。
制球力が心配されてますが、そこさえ直ればエースになれる逸材なのではないでしょうか。


6位 白村 明弘 慶應義塾大 投

素行が不安視されてこの順位になりました。
6位で入団してくれるのか、不安ですが、素晴らしい素材を持った投手です。
ストレートの良さでは大学ナンバー1なのではないでしょうか。


7位 岸里 亮佑 花巻東高 外

甲子園では主に外野手として活躍した選手です。ご存じ、大谷の後輩です。
甲子園のあの打撃を見たらどんな野手になるのだろう、と期待できる選手です。
レフト岸里、ライト大谷というのが見られる日もそう遠くはないでしょう。3番や5番を任せたいタイプです。


8位 石川 亮 帝京高 捕

名門帝京で1年からスタメンマスクをかぶっていた「いしかわりょう」が最後の8位で指名されました。
ちょっと伸び悩みをした印象ですが、甲子園では大谷からもヒットを打ってますし、潜在能力はある選手だと思っています。
移籍が噂されている鶴岡も下位指名から活躍しましたし、将来が楽しみな捕手です。

・・・1位を3人も外したため、満足なドラフトではありませんが、即戦力投手3人に、将来が楽しみな高校生2人という指名は良かったのではないでしょうか。
内野の要となる選手がいなかった日ハムですが、渡邊選手が将来大物になってくれれば良いと思います。




【巨人】

1位 小林 誠司 日本生命 捕

単独指名を狙った石川を外し、ポスト阿部となる小林を指名しました。
広陵時代は野村とバッテリーを組み甲子園準優勝、25歳の即戦力捕手です。

打撃力は全くの期待外。2割前半で御の字という感じでしょうか。
しかし持ち味は守備。これはもう素晴らしい捕手です。
キャプテンシーもあり、次期巨人を引っ張っていく選手になるのではないでしょうか。


2位 和田 恋 高知高 内

高校野球界では有名な強打の三塁手です。村田、坂本の後継者となれる逸材です。
松井のように外野転向しても面白いのではないでしょうか。強肩です。
右打ちというのが今や貴重で良いですね。


3位 田口 麗斗 広島新庄高 投

甲子園出場こそなりませんでしたが、あの広島県大会決勝の熱投は将来性を感じさせるものがありました。
小柄なことが3位指名に落ち着いた原因でしょうが、左腕で速い球を投げる投手は貴重です。
巨人ということもあり、しばらく一軍は遠いのかもしれませんが、間違えなく戦力になっていくでしょう。


4位 奥村 展征 日大山形高 内

甲子園ベスト4入りに貢献した遊撃手ですが、日本代表でも守っていた二塁手での起用となるでしょう。
選球眼もよく、2番タイプとして育てれば巨人にとって貴重な野手になるのではないでしょうか。


5位 平良 拳太郎 北山高 投

最後の投手も高卒です。沖縄の北山高校出身の投手です。
三振のとれる変化球を多く持っています。中継ぎタイプという感じでしょうか。
巨人の育成能力に期待です。


・・・石川を外してしまったことは痛いでしょうが、阿部の負担を減らす捕手と余裕を感じさせる高校生4人指名は良い指名でした。
スポンサーサイト

日ハム、巨人ドラフト考察 2013.5

今年度の日ハム、巨人のドラフト考察です。徐々に変更を加えていきたいと思います。


◆巨人

右投手:特に補強の必要はなし。高卒の素材型タイプを下位で
左投手:中継ぎ候補が欲しい所。大社卒左腕がいて良い
捕手:阿部の後釜が必要。強打の捕手が多い今年が狙いどきか
内野手:打撃力のある二塁手が必要
外野手:俊足の選手を。また、レフトを守れる選手を

地元枠:なし
特別枠:東海大の左腕、渡辺なんかが狙い所か。


1巡目:小林 誠司(日本生命)・・・森と迷う所だが、即戦力捕手を指名と予想。打撃力もある
2巡目:東明 大貴(富士重工)・・・150㎞を投げる即戦力右腕。先発候補になる
3巡目:甲斐 翼(宮崎日大)・・・145㎞を投げる左腕。エースになれる素質あり
4巡目:田中 広輔(JR東日本)・・・菅野と同期。二塁遊撃を守れ、今年度好調
5巡目:吉田 雄人(北照)・・・走攻守三拍子そろった外野手。ミート力に長ける


…1位の捕手を誰で行くかが最大の悩みどころである。将来性抜群の大阪桐蔭の森か、即戦力の日生の小林か、はたまた単独で狙える立正大の吉田か。
阿部の具合を考えると、森よりかは即戦力の小林を狙うのでは、と考えました。広島・野村と高校では同期でやっていた捕手です。多くても2球団くらいの競合ですむでしょうから、狙い所です。
2位東明は先発枠、3位の甲斐も育て次第で化ける選手です。
4位の田中は東海大枠。二塁も守れるため、守備固めとしても。足もあります。
5位の吉田はミート力が良い高校生。若手の外野手が少ないため、必要な選手です。


◆日ハム

右投手:先発、中継ぎ両方足りない。即戦力を
左投手:先発、中継ぎ両方足りない。即戦力を
捕手:1人くらい獲得しても良い
内野手:強打の内野手が必要
外野手:極端な駒不足のため、2人以上の指名が必要


地元枠:杉浦(國學院大)、西藤(道都大)など
特別枠:なし



1巡目:松井 裕樹(桐光学園)・・・怪物ドクターK。即戦力で活躍できる
2巡目:岩貞 祐太(横浜商大)・・・今期下位に終われば2位で獲得できる左腕の逸材
3巡目:河野 凌太(日本経済大)・・・打撃力と守備力のある外野手。
4巡目:工藤 悠河(立命大)・・・北海道出身、148㎞の直球は魅力。制球力に難
5巡目:平原 庸多(立大)・・・投手から外野手転向。これからに期待がかかるスラッガー
6巡目:平田 将(大産大付)・・・将来性を感じる左腕。メジャーも注目
7巡目:石岡 諒太(JR東日本)・・・長打と足のある一塁手。外野も守れる

・・・一番良い選手を取る、が日ハムの信念。当然松井で決まりなんでしょうね。
今シーズンこれからどういう順位になるかは分かりませんが、下位であれば2位で岩貞のような好投手を狙うでしょう。
外野手は今の人数からいって間違えなく取るのではないでしょうか。明大の中嶋などもいます。順位によっては2位で仙台育英の上林もあり得るかも。
4位の工藤は北海道出身の投手。4位で残ってるかどうか。5位の平田は帝京から立大へ。外野手転向し、パワーを発揮してる選手。
7位の石岡は、案外日ハムの弱点である一塁と外野を守れる選手。ぴったりの選手だと思います。

WBC、3連覇ならず

WBC準決勝で日本は敗れ、3連覇はなりませんでした。

3連覇というのは甲子園でも1度しかないですし、W杯でもおそらく無いのではないでしょうか。
それくらい難しいことです。

日本は、次回に向けてこの敗戦というのを糧に強化していかなくてはなりません。
さまざまな視点から今回の問題点を見つけ、次回最高のチームにするべきだと思いますので、反省会がてら、各選手の評価をまとめてみたいと思います。
評価はA~Eまで。


【コーチ陣】

山本監督(D)・・・スタメンの決定は良かった。が、投手起用や代打や守備交代の場面で選手層の薄さもありひどさが見られた。コーチ陣と共に、監督業から離れてしまったブランクが出たのだろう。次回はぜひ、現役監督でお願いしたい。

他コーチ(D)・・・緒方、高代両コーチは素晴らしい活躍だった。投手起用の面で東尾コーチら、実践から離れていた分のひどさが見られた。メジャーを知っている桑田氏や佐々木氏などを次回はいれるべきだろう。


【選手陣】

先発投手(B)・・・メジャー組が0人、WBC経験者も少ないという中では、比較的良かったように思う。能見が本戦で崩れてしまったのは誤算だったか。田中は完全に力を発揮出来なかった。前田はアメリカで制球に苦しんだものの、本戦での活躍は見事。メジャー球団が注目するのも当然の活躍だった。やはり、準決勝以降のアメリカではメジャーを知っている投手がいなければ勝ち上がれないというのが分かった。少なくともメジャー帰りの投手が必要であろう。

中継ぎ投手(A)・・・オランダ戦では崩れたものの、ほぼ完璧なリリーフを見せてくれた。特に牧田のようなアンダースローが完全に通用することが分かり、次回はサイドスローやアンダースローなど変則型を用意しておくことも大事であろう。日本人は変化球を多様するというイメージから、澤村の剛速球も使えることが分かった。


捕手(D)・・・阿部がリード以外結果を出せなかった。やはり4番捕手主将は重圧が重すぎた。采配ミスであるだろう。炭谷、相川はリード面がひどかった。打撃も大事だが、守備固めとして使える捕手が次回は必要だろう。横浜の高城や日ハムの大野などの成長が期待される。

内野手(B)・・・無茶な起用により、鳥谷や井端などは相当苦労しただろうが、良い場面で打つなど見事な活躍を見せた。反面、強打の選手が必要の一塁、三塁の選手が下位を打つという状況になった。準決勝のように一発が必要な試合もあるため、次回は強打の選手を選ぶ必要がある。松井稼頭央は本戦で打撃不振に陥ったが、アメリカのデータ分析という意味では非常に重要な選手だった。次回もメジャー帰りの西岡などの選出は不可欠であろう。

外野手(C)・・・守備で大きなミスやファインプレーがなかったため、目立たないが安定感はあった。稲葉、角中、長野の不振は予想外。内川や中田は良かったが、準決勝での不振とミスが響いた。内川にとっては悔しいミスであろう。


次回はぜひとも優勝をお願いしたいものです。

WBC代表決定

ついにWBCの代表が決定しました!!
思い返せば、第1回WBCは王子シューレの人たちと、第2回は卒業直後、葛飾シューレの人たちと盛り上がった記憶があります。
今年は盛り上がりに欠ける・・・ような気がしますが、三連覇目指して頑張ってもらいたいと思います。

選ばれた選手は以下の通りです。


 ▽投手
涌井秀章(西武)抑え
能見篤史(阪神)先発
沢村拓一(巨人)先発
今村猛(広島)中継ぎ
田中将大(楽天)先発
杉内俊哉(巨人)先発
前田健太(広島)中継ぎ
森福允彦(ソフトバンク)中継ぎ
内海哲也(巨人)中継ぎ
大隣憲司(ソフトバンク)中継ぎ
牧田和久(西武)中継ぎ
山口鉄也(巨人)抑え
摂津正(ソフトバンク)中継ぎ


 ▽捕手
相川亮二(ヤクルト)捕
阿部慎之助(巨人)捕、一
炭谷銀仁朗(西武)捕

 ▽内野手
鳥谷敬(阪神)遊、一
井端弘和(中日)遊、二
松田宣浩(ソフトバンク)三、一
坂本勇人(巨人)遊、DH
松井稼頭央(楽天)遊、二
稲葉篤紀(日本ハム)一、右
本多雄一(ソフトバンク)二

 ▽外野手
糸井嘉男(オリックス)右、中
中田翔(日本ハム)左、DH
内川聖一(ソフトバンク)DH、左
長野久義(巨人)中、右
角中勝也(ロッテ)右


予想ポジションはこのように考えました。先発は4枚、田中、杉内、能見、澤村。
怪我が心配の前田、元中継ぎエースの摂津、抑え経験者の牧田などが中継ぎ。
抑えは調子の良い涌井と山口でしょうか。

捕手は当然阿部が正捕手。炭谷は代打での起用も考えられます。

内野手は明らかに遊撃手が多すぎる。何を考えているのでしょうか。
正遊撃手は井端で確定。二塁には松井稼頭央か。一塁は稲葉、三塁は松田で確定。
坂本はDH、本多は代走、守備固め、鳥谷は代打での起用が考えられる。

外野はレフト中田、センター長野、ライト糸井が確実的。
打撃好調の内川はDHや一塁での起用も考えられる。角中は代打、代走、守備固めなどあらゆる場面で起用されそう。


外れたのは怪我の浅尾、調子の悪い山井に、何故か外野手2人大島と聖澤を両方外す暴挙。
三塁守れるのが松田しかいない状況で村田を外すという暴挙もありました。


やはり山本浩二監督、どう考えてもへたくそですね。
遊撃手多すぎるでしょう。三塁や二塁を守れる選手が少なすぎる。
外野手はバランスとしては悪くないですが、いかんせん守備が心配。センター長野、そこまで上手くないですよ。後半は糸井をセンターに回し、ライト角中と守備固めをするのでしょうが、ちょっと心配ですね。


WBCどうなるでしょうか。楽しみです。

2013年パリーグ順位予想

急遽いろいろなトレードがあったりしたので、順位を変更しました。
まずは糸井、八木と木佐貫、赤田、大引のトレードには驚きました。まさか糸井を出すとは。
あと1年でポスティングのお金ももらえ、なおかつ今が全盛期ですよ。2億7千万要求していたそうですが、そんくらい出しても良い選手だとは思うんですがね。なおかつ八木まで出して、この3人とはいささか微妙。


ではでは、今年の順位予想はこちらです


1位:福岡ソフトバンクホークス
注目の選手:ラヘア

・・・投手、野手の戦力はパリーグ一だったホークスですが、今年はさらに超超大型補強をしました。
まずはドラフトで東浜投手を獲得。今年いきなり活躍してもおかしくない即戦力右腕です。
トレードでは、横浜から山省、江尻、吉村を獲得。山省が入り込む隙はあるのかな・・・と思うくらいですが、江尻は間違えなく中継ぎに入り込めますね。噂によれば森福の先発転向があるそうなので。吉村も代打なら間違えなく驚異になりそう。
FAでは寺原投手を獲得。オリックスで復活し、念願の古巣復帰となりました。人的補償が誰になるか心配でもあります。そしてメジャー帰りの五十嵐を獲得。すんなり書きますが凄いことですよ。
そして助っ人補強が凄い。まずは元カブスのブライアン・ラヘア内野手を獲得。今季16本塁打で球宴にも出場した逸材です。そしてまだ噂段階ですが、4年連続2桁勝利のコレイア投手を獲得ほぼ確定、そしてAソリアーノ選手も孫社長のポケットマネーで調査中だそうで。凄いチームですね。

現段階で先発ローテは摂津、コレイア、大隣、寺原、武田に山田、東浜、山本などなどが入り込む戦国模様です。
まあ間違えなく優勝候補筆頭でしょう。


2位:埼玉西武ライオンズ
注目の選手:サファテ

・・・西武といえば中継ぎ。ですが、来年は期待できるかもしれませんよ。
まず広島の守護神、サファテ投手を獲得。これにより守護神だった涌井が先発に復帰し、先発の層が厚くなりました。
中継ぎには、ドラ1の増田投手と復帰のシコースキー投手、ウィリアムス投手、長田投手がいれば、炎上もそうそう起きないのではないでしょうかね。
先発陣は涌井に2桁以上を期待したい所。岸も2桁、牧田と石井一も今年のような活躍で2桁いけば、これは強いと思いますよ。
野手では中島のメジャーと中村の長期離脱が非常に痛いところ。
しかし、3Aの大砲スピルボーグス選手とヘルマン選手がチームを引っ張れば、まずまずのマイナス点ですむのではないかと思うのですが・・・どうですかね。

3位:オリックス・バファローズ
注目の選手:東野峻

・・・寺原が抜け、日高が抜けたオリックス。
松葉、佐藤、戸田、伏見のルーキーにはいきなり起用が考えられます。
エース金子とトレード移籍の東野の復活次第では一気に上位も考えられます。
ノーヒットノーランの西、素材は十分井川、新人王をとった八木などメンツはそろっている気がします。
野手陣は糸井、平野の加入で大型パワーアップ。後藤、坂口などの活躍によっては優勝候補となるでしょう。


4位:北海道日本ハムファイターズ
注目の選手:ケッペル

・・・田中賢介のメジャー挑戦、糸井のトレード、そしてコーチ陣総入れ替えで大きく変わりそうなファイターズ。
謙遜関係なしに首位はないと思うのですが、問題はAクラスにはいるかどうか。
怪我が心配な吉川は5月ごろの復帰でしょうか。問題はケッペルがどの程度投げられるか。
完璧に治ったのであれば、2桁近くは計算できる投手ですからこの順位もありえると思います。
武田勝、ウルフも幾分かの貯金は期待できそうですし。
野手では賢介の穴を埋める西川、杉谷などの若手の活躍が必須。サード小谷野、レフト中田の打撃にも期待がかかります。
糸井がいないというのはどう考えても打撃力、守備力、走力全てでマイナス。大谷が成長するまでライトが不在という緊急事態です。
大谷は代打などでの起用がありそう。投手起用はほぼないでしょう。
確実に苦戦を強いられる年になるでしょう。栗山監督の采配に期待です。


5位:東北楽天ゴールデンイーグルス
注目の選手:アンドルー・ジョーンズ

・・・来年の楽天には、史上最高成績の助っ人が加入することになりました。メジャー通算434本塁打、1933安打のAジョーンズです。2005年には51本塁打で本塁打王、打点王を獲得したまさにレジェンドです。
打撃が衰え、本塁打が出にくい宮城球場ですが、守備は素晴らしいですし三振も多くありませんし、球場も改修して少し狭くなったので、本当に期待できると思いますよ。楽しみです。
そしてメジャー60本バッターのマギーも獲得。これは凄い補強ですね。
投手陣では大エース田中に塩見、釜田、辛島など若手がどれだけ勝ち星を残せるか。
最後活躍したダックワースも大化けしそうな予感があります。

心配なのは打率を残せる野手陣。ジョーンズとマギーが来たものの、その前を打てるバッターとジョーンズを返せるバッターがいないんですよね。投手陣は援護には苦しむのではないかと思い、この順位にはしました



6位:千葉ロッテマリーンズ
注目の選手:川満寛弥

・・・成瀬に次ぐ先発がいないのが難点。唐川、大嶺、藤岡などの活躍、松永、川満らルーキーの活躍が絶対です
松永は謹慎明けで今年の活躍は難しいでしょうが、川満はおそらく即戦力で活躍できると思いますよ。
野手陣では角中、井口らヒットメーカー揃いの打線がつながれば得点はとれそうな気がします。
しかし、上位に上がりそうな決め手がありません。オリックスや楽天と3位4位を争いつつ、最終的にはこの順位になってしまうのではないかな・・・と予想です。


ソフトバンクの快進撃は予想出来ますが、2位以下はなかなか難しいですね。
これから補強も全球団するでしょうし、楽しみです。
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
149位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。