スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道日本代表体罰事件

なんでこう・・・2日連続で体罰事件を取り上げなければならないんでしょうね。

柔道日本代表監督の園田監督による、代表選手達への暴行、暴言が発覚しました。
しかもこの事をJOCなどが隠していたというさらなる問題も発覚しています。

園田監督は会見で「一方的な信頼関係だった」と語っていますが、これについては良く理解しているな、と思います。

体罰というのは信頼関係、アフターケアがなければただの暴力、犯罪に値します。

単純な話です。信頼されている者になら多少厳しくされてもその後を信じて受け入れることができます。
ただ信頼されてない者に暴力をされても、なんだコイツとただの敵対関係に移ってしまい、それが続くと今回のような告発につながります。


体罰では選手達は強くなりません。今回のロンドンオリンピックで日本柔道の金メダルが松本選手の1個だけだったということでそれは証明されたでしょう。
昔は体罰で喜んでいた時代があったのかもしれません。ただし、時代を考え、選手達のことを考えれば体罰では育たないな、ということは日本代表の指導者であるなら簡単に理解できると思います。素人ではないんですから。

暴力暴言全てが悪いとは思いません。たとえ信頼関係のない状況で叩いたり暴言を吐いたりしてしまったとしても、その後に応援の言葉などでアフターケアをすれば、さらに選手が伸びるのだと思いますが、それをしなかったんでしょうね。
私たち学生も、何か学校で怒られた後に、アドバイスを受けたり、頑張れと声をかけてもらえると、よし頑張ろうと以前よりもパワーアップすることがあります。
アメとムチという言葉がありますが、それを使いこなせないようじゃ元から体罰などするべきではありません。


これはあくまでも私の意見ですが、何故十数年で急激に日本サッカーのレベルが上がったのか。
それは、この体罰がないからだと思うんですよね。

体罰が見つかった柔道は日本は衰退中。体罰が良く見られるバスケやラグビーは世界のトップクラスに未だになれず。
一方、高野連の努力で体罰を無くしつつある高校野球界では、体罰のない学校が甲子園優勝をするようになり、高校野球界のレベルが上がったように感じます。
高校サッカー界では体罰というのをあまり聞いたことがありません。比較的に若い、新しい考え方を持つ監督が多く、体罰では育たないと認識している人が多いからでないでしょうか。その結果、今や世界のトップクラスを狙える強さになりました。

世界で体罰を行っている国は一切ありません。下手すれば訴えられますからね。
日本スポーツ界も世界を見習っていかなければ、いつまでたってもレベルは上がりません。


2020年、東京でオリンピックを目指すのであれば、全競技全監督の見直し、教育を行っていくべきだと思いますね。
そして今回の問題を隠蔽した柔道協会、JOCには何かしらの処罰を与えなければなりません。
スポンサーサイト

桜宮高体罰事件

先日私が記事にした後、大分話題になった桜宮高校体罰事件。
バスケ部の顧問は告訴され、おそらく有罪となるでしょう。

この事件に対して、橋下大阪市長は桜宮高校スポーツ科の入試中止と、全教員入れ替えを示唆しました。

私は大阪市長としても、維新の会代表としても橋下氏は大嫌いなのですが、この決断には良くやったと言いたいです。

さらに追加して、スポーツ科だけではなく普通科も今年1年は入試中止にすべきだと思っています。普通科もスポーツの授業があるそうですし、ここで全て中止にすることに意味があると思います。

思えば大津のいじめ事件より前に、社会問題化したいじめ事件がいくつもありました。
中野富士見中学いじめ自殺事件、旭川女子中学生集団暴行事件、丸子実業高校バレーボール部員自殺事件など。
この記事をご覧頂いているあなたは、全てのいじめ事件の経緯なんかを覚えてますかね?おそらく覚えている方はいないでしょう。Wikipediaなどを見て確認してください。
このように、一時は社会問題となった事件でも、数年経てば風化されてしまうのです。いじめ事件は5年に1度社会問題化すると言われていますが、それは風化から起きる現象です。

今回の体罰問題も、このままでは5年後また大きなニュースが起きてしまうでしょう。
それを防ぐことが大切なのですが、そのためには入試中止というのをする必要があります。

入試中止にしなければ、大阪市の歴史としても、桜宮高校の歴史としても今回の体罰事件は載らないことになってしまいます。入試中止をすることによって、歴史に名を入れて、毎年毎年悲惨な事件があったということを思い起こせるようにしなければいけないのです。
数十年前にあった学生運動、特に東大紛争が何故今でも有名なのか。もちろん東京大学という名門で大学生が動いたからというのもあるでしょうが、東京大学の入試が中止になったから有名になったとも言えるのではないでしょうか。そのくらい入試中止というのは強いインパクトがあります。

入試中止によってOB、在校生、教職員の意識を入れ替え、これから体罰のない学校にするための教育をするべきなのではないでしょうか。
それこそ、体罰によって自殺をしてしまったキャプテンへの償いなのではないだろうか。OBや中学生からは恨まれるかもしれないが、自殺をしてまで伝えたかった想いというのはこういうことなのではないだろうか。

また、教員入れ替えもすぐにやってほしい。
運動部キャプテンの顔を出さないでの記者会見には驚きました。入試中止を決めた当日の出来事です。
当日に記者会見を高校生が出来るのであろうか。できないだろう。おそらく、桜宮高校の教職員が手配をして、裏で指示をしていたに違いない。
在校生も卒業生も、親も桜宮高校に「洗脳」されているため、断ろうとはしなかったのであろう。

ここまで大きな事件になったのにも関わらず、体罰を支持し、自殺してしまった子を責めるような卒業生、親がいることには衝撃を感じました。自分たちは体罰が正しいと思っているのであろう。
こういう連中の意識を変えるには、教員を全員変え、新たな学校にしていくしかありません。個人的には廃校しても良いと思ってますが、大阪市の財政を考えるとそれも不適切です。


私もここまではひどくないですが、小学校時代に体罰を経験しました。
その私の意見として、桜宮高校の全入試中止と全教職員の移動を提案します。

体罰で自殺

大阪の桜宮高校で、非常に悲しい「事件」が起きた。
強豪男子バスケットボール部のキャプテンが、監督の体罰を理由に自殺してしまったのだ。

驚くべきは、Twitterなどを見ると体罰で自殺した生徒側を非難する声があることだ。
いじめ事件が起きれば加害者を徹底的にたたき、問題を起こした芸人に対しては自殺を勧めるくらいに徹底的にたたくTwitter。

限度を知らないどころか、加害者の気持ちも理解できてない連中が多い。

そもそも体罰とは何か。体罰とは、通常の指導方法ではありえない、関係ない罰を与えることである。

たとえば、宿題を出来なかった生徒の顔をたたく。これは体罰である。
「間違いを怒る」「出来るまでやらせる」これなら正しい教育方法であろう。それによって宿題が出来るようになるのであるから。
ただし、たたくという行為と宿題が出来るようになるかは一切の関係がない。この関係ないことを罰としてするのが体罰である。

自衛隊の体育学校で、きつい訓練を指示するのは体罰ではない。これは練習に関係あるからである。
ただし、仮に足を強く蹴ったとしよう。足を蹴られることと、練習で成長すること関係あるだろうか。これは体罰に当たることである。


体罰とは教員からのいじめと考えて良い。
そして体罰とは指導力のないへたくそな教員がやることである。
教員の仕事は、言葉や自分の体を使って教育することなのではないだろうか。

そのようないじめられた加害者に対してTwitter民は非難しているのである。

あなたは、それでも加害者を非難できますか?

住みよい日本になるために

先日、ネットをみていたら毎日新聞の世論調査を見つけました。

http://mainichi.jp/select/news/20120730k0000m010101000c.html

再稼働は賛成か反対か、また反対派が行ってるデモに共感できるかできないか。
世論調査って時間のある老人のが比較的多く答えるのではないか、という考えであるため、それを考慮して結果を見なければいけないと考えています。

ただ、これをみると再稼働賛成が49パーセント、反対が45パーセントという結果に。
つまり賛成派が上回っているんですよね。これにはびっくりしました。

脱原発のデモは共感できる、できないが半々。しかし内訳を見ると、やはり若者は共感できるという人が少ないですよね。


今日から政府主導の新しい世論調査が始まるらしいですが、どうやら調査には時間がかかるらしいんですよね。
となると、自然と参加するのは老人や専業主婦になっていくと思うんですよ。

ただ、一番必要な意見って、日本を支えている会社員(男女)や将来の日本を担う若者だと思うんですよね。
その意見を聞かないでどうするのか。

全員が全員そうだとは思いませんが、老人や専業主婦の方って結局は自分に影響あるか、ないかで将来の日本を考えていないと思うんですよね。
デモでもよく子どもをだしに使ったりしてますが、本当に子どものことを考えて行動している人っていないと思うんですよ。
たとえば十数年後戦争が起きて火力発電が使えなくなったらどうするのか、電気代が値上がりして経済が衰退したらどうするのか、イマのことじゃなくて将来のことを考えて重要なことは決めてほしいです。


子ども、若者、会社員、そして老人、主婦、すべての立場の人が意見を言えて、住みよい日本を作るにはどうしたら良いか考える機会が必要じゃないのかな、って思うんですよ。

ですから、この政府主導の新しい世論調査には賛成できません。たとえ原発再稼働をしていこう、という意見になっても、公平じゃないですよ。


先日の官邸前デモはわずか4000人の参加で、ほぼ脱原発の波は終わったといっても良いでしょう。
しかし、これから原発を利用していく社会になる上で、考えていかなければいけない課題はいくつもあります。

住みよい日本になるために、“日本”国民全員でやっていかなければならないことがあるでしょう。

祝!!大飯原発再稼働

いやぁ、嬉しいですね。大飯原発再稼働しましたよ。

たかだか1万5千人(なぜか公式発表は20万人ww)のデモや、暴力を使った実力阻止がおおい町であったそうですが、それに屈せずに見事に再稼働となりました。
これで、ほんの少しですが関西の中小企業、また工場で働く多くの人々の生活が楽になることでしょう。

さてさて、反原発はますます過激に、そしてアホになってきてますね。
なんかやっている行為と言っていることが大きく違いますよね。

正しい反対方法をしらない反原発の方々に、特別に良い反対方法を教えようではありませんか。


やることは一つ。
一切の電気を使わない

ということだけ。それだけ。

なぜそれだけなのか。答えは簡単。電力会社が一番困るのがそれだから。
なんだかんだ文句を言われても、反原発の人達は大事なお客様。
仮に3、4万人反原発の人間がいたとしたら、家庭や企業でそれらの人間がブレーカーを全て落とし、契約を解除し、電気を一切使わなければ、当然結末は分かりますよね。

そうです。重要な資金源が無くなって電力会社の経営が大変なことになります。また株価などで与えるダメージも非常に大きいでしょう。

また、いくつかメリットが他にもあります。まずは反原発の人間にとって、許し難い電力会社の電気を使わず、プライドが保たれます。(文句を言っているのになんだかんだ電気を使うなど、プライドがないのか、と言えますよね)
そして、我々原発賛成派や電力会社が原発を再稼働させようという一番の理由、節電をしなくても、ピーク時の電力オーバーが無くなります。
悔しいけど、私も電力オーバーがしないのであれば原発を再稼働させようとは出来ません。理由がないんですから。
1世帯に月々200kw~300kwほど使うそうです。×2万世帯だとしたら、400万~500万kwほどの電力が削減でき、原発数基分、電力オーバー分はたぶんまかなえるのではないかと思うんですよね。
ガスとか蝋燭とか洗濯板とかあれば電気無しでも生活出来ますし。電車使わずに自転車ならタダですよね。


非常に簡単なことなのに、なぜ反原発の連中は出来ないのか。おかしな話ですよね。
警察ももっと捕まえたら良いのに、とも思いますよ。もうちょっと悪質な公務執行妨害の罰金を上げて、電気代に回したら良い。のに。


7日には代々木で1万人程度しか集まらないデモを無意味にやるそうですが、丁度良く近場にライブで行くので、反原発の面を見てみたいと思います(笑)


反原発の方々は代替エネルギーを全く考えてない、一人では何も行動、発言出来ないと言われていますが、こういうことをやっていけば良いのではないでしょうか。

そういえば山本太郎氏の姉がクスリで捕まったそうですね。彼も中毒者なのか、クスリより放射能のが危険だとか言ってましたが(笑)

正直発言くらいは誰しも納得出来る、もっともらしいことを言ってもらいたいものです。張り合いなさすぎです。
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
149位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。