スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質測定&節電にもの申す

今話題になっている2つのワード、放射性物質の測定と節電。

ただねぇ…どうもテレビのニュースなどで出ている主婦などの考えが間違っているような気がしてるんですよね。


ちょうど今頃は小学校のプール開きの時期らしいですね。で、そのプールは放射性物質量の基準がないらしいんですよ。
それによって東京も23区で対応が分かれているらしいんですよね。やらないところもあるんだとか。

このやらないところ、もしくはやって少し高い数値が出たところに主婦が過剰に反応して、今はプールに子どもを入らせない親もいるらしいですね。

ただ…なんでプールなんかに過剰に反応してんの?って思うんですよね。
プールなんて週に2時間くらいしか入らないんだから。それがどう人体に影響を与えるのか。

毎日空気中の放射性物質量を関東で計測している人もどうかと思いますよ。
1時間量×24(時間)×365(日)で1年間に浴びる量という計算ですよね。これが3ミリシーベルトを超えるとか超えないとかで騒いでますよね。
ただ、この24時間ってのがおかしいと思うんですよ。室内にいたら圧倒的に受ける量は減るんですよ。
24時間外にずっと出ている人っています?

もし基準値以上、基準値の倍の放射性物質を浴びたとしても、ガンになる可能性が0.01~002%上がるだけですよ。
人間2人に1人はガンで死ぬって言われているなかで、これがどうなるの?って話だと思うんですよね。

埼玉や茨城くらいだったら、外に出た場合、放射性物質による影響で死ぬ可能性より交通事故で死ぬ可能性のが圧倒的に高いって事分かってる人いるのでしょうかね。
交通事故が怖いから外でないって話にはならないでしょう。それと同じで、この問題も気にする問題ではないんだと思うんですよ。


原発だってそんな危険なもの即刻廃止しろという人いますが、廃止した場合の代替エネルギーまで考えている人は皆無ですし。
代替エネルギーにした場合、電気代が倍以上になりそうですが、そうしたらそうしたで文句言う人達もいるでしょうしね。
便利の裏には危険があるんですよね。車とかガスとか。


節電もそうです。ただ電気の量を減らせば良いと考えている人が多いんですよ。
問題なのは、15%減らすことじゃなくてピークをつくらないことなんですよね。

企業には15%の削減が義務づけられてますが、企業(工場含む)はピークの時間を減らすって事が出来ないからなんですよ。
ただ、家庭では十分出来ると思うんですよね。

だいたいピークと言われているのが13時から16時くらい。この時間は工場が動いていてお店も開いていて一番電力を使っている時期なんですよ。
この時間帯に、家庭でエアコンだとか洗濯機だとか炊飯器を使うとピークを迎えてしまうんですよね。
なので、この時間帯にはもう扇風機とエアコンとテレビくらいしか使わないとしちゃえば良いんですよ。
その前後、朝ピークと昼ピークの間の時間と、昼ピークと夜ピークの間の時間に掃除機、洗濯機、炊飯器などの電力を食うものを使えば、うまーく均等になるはずなんですよね。
普通電気量は昼間が高くて夜が低い、山型になるはずなんですが、これを工夫して丘型にできれば完璧なんですよ。

なので朝夜にはクーラー普通に使って良いと思いますよ。
お昼だって他のものを一切使わなければ、扇風機+クーラー28℃は大丈夫だと思います。


こういうことを知っていれば快適な暮らしが出来ると思うんですよね。
スポンサーサイト
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
146位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。