スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成ドラフト、ベスト指名10・ワースト指名10

ドラフトの順位というのは、期待の大きさや全国的な知名度で決まるため、中には下位から大物に成長した選手や、上位競合ながら活躍出来ずに引退した選手などがいます。

そこで今回は、平成に入った1989年から2011年までのドラフトでのベスト指名10人とワースト指名10人を決めてみたいと思います。
なお、ドラフト外については様々な密約などもでてしまうため対象外とします。


◆ベスト指名10

10位:田畑(田畑建工→ダイエー)・・・大工からプロに。10位ながらヤクルトでは2年間で27勝をあげる。

9位:成瀬(横浜→ロッテ)・・・名門横浜から6位入団。今ではロッテのエースに

8位:三浦(高田商→大洋)・・・91年に6位で大洋に入団。それから21年間で150勝を達成する大投手に

7位:新庄(福岡大濠→阪神)・・・5位指名から阪神、メジャー、日ハムで伝説を作る選手に

6位:本多(三菱名古屋→ソフバン)・・・大社5位という低順位指名も、盗塁王2回、2億円の選手に

5位:福浦(習志野→ロッテ)・・・7位指名から野手転向し、2000本安打間近の名選手に

4位:イチロー(名電→オリ)・・・4位指名から日本、アメリカでナンバー1プレイヤーに

3位:後藤(川鉄千葉→オリ)・・・10位指名から這い上がり、今では1億円プレイヤーに

2位:山口(ミズーラ→巨人)・・・横浜楽天に断られ、巨人にテスト入団、育成枠指名から今では日本最高の中継ぎ投手に。

1位:新井貴(駒大→広島)・・・打撃守備に注目されず、6位指名ですら驚きであった選手が今では本塁打王&選手会会長に




◆ワースト指名10

10位:宇高(近大→近鉄)・・・エースとして史上初のアマ五冠を達成するも、プロでは活躍できず

9位:山村(九共大→ダイエー)・・・上原並の期待で入団も、結果を残せず。

8位:樋口(JR九州→中日)・・・中日唯一の自由枠入団も1軍登板なしで解雇

7位:加藤(慶応大→ヤクルト)・・・六大学で30勝300奪三振の大偉業も、今年度まで活躍はなく解雇候補ナンバー1

6位:佐藤(秋田商→広島)・・・高校時代はダル、涌井よりも高評価。1軍では1試合3回9失点の敗戦のみ。

5位:高市(青学大→ヤクルト)・・・日本のエース候補として希望枠入団も、1軍で失点を重ねまくり解雇

4位:加藤(東海大→ロッテ)・・・契約金1億6千万も、活躍したのは1完封勝利のみ

3位:川口(平安→オリ)・・・甲子園準優勝、4球団競合、ビッグマウスが話題もプロでは一切活躍できず。

2位:一場(明大→楽天)・・・新球団楽天の期待の星として入団も散々な成績に。混乱前までは十年に一人の逸材と呼ばれる

1位:辻内(大阪桐蔭→巨人)・・・史上最高最速左腕として競合の末巨人に入団も、ここまで1軍登板なし。


インパクトとしてはワーストのほうがありますね。特に辻内はダントツでしょう。
一場は試合登板こそありますが、いくら新球団楽天とはいえルーキーとはいえ最初の2年間で負けすぎです。この一場が期待通りなら今頃楽天は凄いチームになっていたんでしょうか。

ベスト指名では新井がやはり魅力的。調べてみても本当に評価が低い選手だったことが分かりますが、それから本塁打王を獲得するまでの大砲になったんですよね。
山口は育成枠の狙いに見事に答えた選手。
田畑選手は大工をやりながら、入団テストに受かりプロ野球選手になって移籍先のヤクルトで活躍したという異例の選手です。
スポンサーサイト
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
149位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。