スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC、3連覇ならず

WBC準決勝で日本は敗れ、3連覇はなりませんでした。

3連覇というのは甲子園でも1度しかないですし、W杯でもおそらく無いのではないでしょうか。
それくらい難しいことです。

日本は、次回に向けてこの敗戦というのを糧に強化していかなくてはなりません。
さまざまな視点から今回の問題点を見つけ、次回最高のチームにするべきだと思いますので、反省会がてら、各選手の評価をまとめてみたいと思います。
評価はA~Eまで。


【コーチ陣】

山本監督(D)・・・スタメンの決定は良かった。が、投手起用や代打や守備交代の場面で選手層の薄さもありひどさが見られた。コーチ陣と共に、監督業から離れてしまったブランクが出たのだろう。次回はぜひ、現役監督でお願いしたい。

他コーチ(D)・・・緒方、高代両コーチは素晴らしい活躍だった。投手起用の面で東尾コーチら、実践から離れていた分のひどさが見られた。メジャーを知っている桑田氏や佐々木氏などを次回はいれるべきだろう。


【選手陣】

先発投手(B)・・・メジャー組が0人、WBC経験者も少ないという中では、比較的良かったように思う。能見が本戦で崩れてしまったのは誤算だったか。田中は完全に力を発揮出来なかった。前田はアメリカで制球に苦しんだものの、本戦での活躍は見事。メジャー球団が注目するのも当然の活躍だった。やはり、準決勝以降のアメリカではメジャーを知っている投手がいなければ勝ち上がれないというのが分かった。少なくともメジャー帰りの投手が必要であろう。

中継ぎ投手(A)・・・オランダ戦では崩れたものの、ほぼ完璧なリリーフを見せてくれた。特に牧田のようなアンダースローが完全に通用することが分かり、次回はサイドスローやアンダースローなど変則型を用意しておくことも大事であろう。日本人は変化球を多様するというイメージから、澤村の剛速球も使えることが分かった。


捕手(D)・・・阿部がリード以外結果を出せなかった。やはり4番捕手主将は重圧が重すぎた。采配ミスであるだろう。炭谷、相川はリード面がひどかった。打撃も大事だが、守備固めとして使える捕手が次回は必要だろう。横浜の高城や日ハムの大野などの成長が期待される。

内野手(B)・・・無茶な起用により、鳥谷や井端などは相当苦労しただろうが、良い場面で打つなど見事な活躍を見せた。反面、強打の選手が必要の一塁、三塁の選手が下位を打つという状況になった。準決勝のように一発が必要な試合もあるため、次回は強打の選手を選ぶ必要がある。松井稼頭央は本戦で打撃不振に陥ったが、アメリカのデータ分析という意味では非常に重要な選手だった。次回もメジャー帰りの西岡などの選出は不可欠であろう。

外野手(C)・・・守備で大きなミスやファインプレーがなかったため、目立たないが安定感はあった。稲葉、角中、長野の不振は予想外。内川や中田は良かったが、準決勝での不振とミスが響いた。内川にとっては悔しいミスであろう。


次回はぜひとも優勝をお願いしたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
21707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
203位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。