スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球前半戦終了・セ編

プロ野球ですが、いつのまにか前半戦が終了しました。
今日はオールスター第1戦ですね。最近のオールスターには、SHINJOのようなスターがいないのでつまらないのですが…何が起こるでしょうか。

さて、ではではセリーグから、前半戦の戦いを振り返ってみたいと思います。
まずは順位からおさらい。


1位:巨人…なんとか前半首位キープ。圧倒的な強さと思われましたが、まさかの先発陣崩壊からピンチに陥りました。後半戦は投手陣全体が鍵になりますね。

2位:阪神…巨人とは比較にならない投手陣の弱さを、打撃陣がカバーしています。とくにマートン、ブラゼル、そして前半戦首位打者の平野など打撃陣が良いですね。

3位:中日…打撃陣は戦力の厚い所と薄い所が分かれてます。和田・森野などは活躍してますが、自慢の二遊間と外野の右が全然ダメですね。でもなぜこの順位にいるか。それは圧倒的な投手陣。防御力3.66はダントツ。ちょっと前に5試合連続、50イニング連続無失点という大記録を作りました。

4位:ヤクルト…暗黒の交流戦があったものの、小川新監督になってから大きく変貌して、ようやくこの順位まで戻ってきました。ただ3位とは大きく差が付いています。

5位:広島…マエケン以外の投手陣の崩壊、外野陣以外の打撃陣の崩壊などがあるものの、この順位。やはりマエケンのハーラートップタイの活躍が目立ちます。

6位:横浜…交流戦の後半、ヤクルトと同じく9連敗をして最下位に。7月もここまで4勝12敗と最下位の貫禄を見せています。とにかく移籍の清水以外勝てる投手が0人。しかもその清水も勝率はほぼ五分五分と、そりゃ勝てませんね。



今年も綺麗に3強3弱になってます。本当に残念ですね。
今現在は、巨人の落下、阪神・中日の躍進が目立ちますね。

選手で考えると、若い世代が非常に頑張っているな、と思いますね。
その代表格がマエケン。
ハンカチ世代の中では、ドラ1で指名されたものの、唯一競合無しの指名とこれといって他球団からは注目されてなかった存在。
しかし、カーブを磨いた今年は大変貌を遂げてここまで11勝。今日のオールスターでも先発だそうですね。

その同世代、坂本も、このまま行けば3割30本も十分見える活躍ぶりですね。最近不調ですが。


後半戦は、久しぶりに最後まで首位が分からない、という面白い展開になるのではないでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。