スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリーグ、CS第1ステージ

更新する予定はなかったんですが、あまりに感動したんで更新します。

セリーグ・クライマックスシリーズ、第1ステージ阪神VS巨人!!

世紀の一戦ですね。


16日、第1試合が行われました。
阪神先発は能見。ここまで巨人どころか今期負けがありません。
一方巨人先発は東野。なんとプロ入りしてここまで阪神戦負け無し。脅威です。
試合は、2回にブラゼルのホームランで阪神が先制
しかし3回表、ここまで後半から不調だった坂本のソロホームランですかさず同点に。

すると、この試合2番に大抜擢された亀井がヒット。暴投の間にその後2塁に進むと、小笠原のタイムリーで一気に勝ち越し。
5回の表にも坂本の2ベース&ライト林のミスで1アウト3塁とすると、小笠原のタイムリーヒットで2点差に。
東野は5回まで1失点と好投すると、その後意表を突いたゴンザレスを登場させ、最後は久保→山口とクルーンが不安定な中無失点の完璧リリーフで見事初戦に勝利。王手をかけます。

2戦目の先発は阪神久保。
巨人はまさかの意表をついて朝井。大方の予想は内海でした。
阪神はやられた!!と思ったでしょう。しかし、この朝井から新井とブラゼルのタイムリーで2点をとると、すぐさま代わったグライシンガーから桜井の犠牲フライで1点を追加し、3ー0。
このまま阪神ペースで行くのかと思いきや、5回表に坂本のヒットの後平野のファンブルで1アウト1塁2塁とすると、小笠原のタイムリー、ラミレスの犠牲フライですぐさま1点差に。3-2。
しかしそのすぐウランブラゼルの犠牲フライで1点を返されると、6回裏に平野の2点タイムリー3塁打で6-2。ほぼ試合を決定づけます。
しかしここからの巨人が凄かった。
その裏、2アウト3塁から平野のエラー(ヒット判定でもおかしくなかったですが)で1点を返すと、阿部がランナー1塁にいる状態で由伸が今期東ド以外で初ホームランとなる2ランホームランで久保田から3点をとって6-5と試合を分からなくさせる。
そして8回表、この回から藤川球を登板させるも、亀井と小笠原が出塁したのち、ラミレスのセンター前ヒットで2人が帰り逆転に成功。

最後9回は2イニング目となる山口がぴしゃりと抑え、試合終了。

巨人が2連勝でファイナルステージへと進出しました。


まさか勝つとは思いませんでしたね。
この2試合は、阪神の守備に助けられたような気がします。林のミスや平野のミスなど。そのすぐ後に点取れましたからね。

ファイナルステージは中日と。
なかなか難しいですが、頑張るしかないでしょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
22087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
254位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。