スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトについて

意外にも、日ハムの斎藤佑樹指名で波紋が広がっていますね。
日ハムが割り込んだ、ヤクルトとロッテの一騎打ちに邪魔をした
というような言われ方をされています。


ハンカチ人気にヤクルトあ然…逃した魚の大きさ実感
そしてこういうアホみたいな記事が出てるんですよね。
普段デマの記事をとばしまくる夕刊フジの中でもこの記事にはビックリですよ。

記事引用・・・ヤクルトのスカウトは「日本ハムのスカウトなんて早大の試合を全く見にきていなかった。こっちは4年間ずっと斎藤を追い続けてきたのに」と怒りを爆発させた

えええ!!??ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ

…巨人、阪神、西武、日本ハム、楽天などもスカウト部門の責任者がそろった

こ…ここに出ている日ハムのスカウトって誰ですかww
ヤクルトのスカウトがアホなのか夕刊フジがアホなのか…


日ハムの名誉のために言わせていただくと、たしかにヤクルト・ロッテの2球団とは違い、斎藤指名を決めたのはドラフト3時間前ですが、それっておかしいことですかね?
普通に競合が予想されている選手の予想の時は直前まで情報があふれるので、直前の決定はありえることだとおもうんですが。

http://draft-de.jugem.jp/?eid=2081#sequel
ここにも、半年前の記事ですが斎藤の名前がすでに入っていますし…
かなり前から追いかけていて、直前まで大野や澤村と共に名前はありましたから、何の違和感もないと思うんですがね…

むしろ、日ハムフロントや自分にとって、直前まで大石指名絶対だったホークスが斎藤に参戦して、4球団競合になったことにビックリです。
日ハムもおそらく3競合でとれるとふんだのではないでしょうかね。


ドラフトの制度にも疑問が残ります。
意図してではないと信じたいですが、澤村の巨人熱望という噂記事から、競合が確実といわれた澤村の単独巨人入りが実現しました。
一部では裏に何かがあったとか言われてますが、澤村はおそらく中日でも日ハムでも入ったと思いますよ。

希望枠、自由獲得枠などの、選手の自由で入団出来る制度がなくなったのは素晴らしいことですが、まだまだドラフトは改善の余地あると思いますね。

やはり、自分がとにかく勧めたいのは「完全ウェーバー制
今現在1位は入札制度、3位・5位・7位・9位…は首位の球団からの逆ウェーバー制となってますが、これを完全に撤廃して、その年最下位の球団からの完全ウェーバー制に徹すべきと思うんですよ。

そうすると、弱い球団に良い選手がいくため、プロ野球全体の発展に繋がります。

となると、強い球団に良い選手がいかないじゃん、という話になりますが、それであればFAの年数を短くすれば良いんですよ。
強い球団はお金持っている訳ですから、たとえば6年にすれば7年後脂がのっている状態で獲得出来る訳ですし。

メジャーだって、10年間で9回リーグ最下位だったレイズが、その間に良い選手を早々獲得し、育てられたおかげでワールドシリーズ優勝ですからね。


ちなみに、今年の選手達を、球団の意向などを考えてもしも完全ウェーバー制だったとしたら

1位
横浜:大石(早大)
楽天:斎藤(早大)
広島:塩見(八戸大)
オリックス:山田(履正社)
ヤクルト:福井(早大)
日ハム:澤村(中大)
巨人:伊志嶺(東海大)
ロッテ:山下(習志野)
阪神:榎田(東京ガス)
ホークス:榎下(九産大)
中日:吉川(PL)

となっているはずなんですよ。即戦力投手は下位球団に、素材が一流の選手は育成が上手い上位球団に、綺麗に行くと思うんですよね。

日本のプロ野球が完全ウェーバー制になるのはいつなんでしょうね…巨人のナベツネが死んでからでしょうね

コメント

非公開コメント

No title

完全ウェーバー制に激しく同意!
力が拮抗してるから面白いわけで…

ナベツネがまだ生きていたことに驚き。
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
22087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
254位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。