スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の衝撃のトレード

ちょっとビックリしました


巨人・オビスポと日ハム・須永、紺田トレード


また今年も日ハムと巨人のトレードです。
巨人はなんとオビスポ。入団は育成枠の外国人投手で、今年で4年目。
昨年は外国人枠の争いが激しい中、6勝1敗と後半大活躍し、日本シリーズでは日ハム相手に勝利投手になりました。
ビックリしたのは、外国人選手もトレードできるんですね。

日ハムは、須永投手と紺田外野手。
須永は日ハムファンの中ではトレード一番手といわれる投手。
1軍ではほとんど活躍出来ず、2軍暮らしが続いている投手ですが、何故か他の球団の評価は高く、重要なトレードでの切り札と言われていました。

ただ、一緒に出した紺田外野手は好きな選手だったのでただただ残念…
02年にドラフト6位で日ハムに入ると、俊足を生かす打撃が特徴の選手です。
しかし、ご存じの通り日ハムの外野陣は森本、新庄、稲葉から森本、糸井、稲葉と素晴らしい3人が固定されてますから、控えの1番手止まり。
近年は森本のデッドボールからの怪我などでレギュラーの座を掴む試合も多かったものの、昨年は2割5分8厘と打撃を生かせず。
ただ、盗塁技術は自分が思うに球界一。もう投手が投げる前に走ってるんですから笑っちゃいますよ。

そんなトレードとなりました。

普通に考えれば、日ハムの得ですよね。
30歳、打撃がいまいちの紺田と、25歳と若いものの伸びしろがない須永を出した日ハム
一方オビスポはまだまだこれから成長が期待できる25歳の若手。それをだした巨人

やはり日ハムはトレードうまいな、と思いますね。


最近の日ハムのトレードとしいえば、02年に今は阪神で活躍する下柳を2対2のトレードで放出。この時きた伊達投手は1年目は大活躍したのを覚えています
あとは、今はたしか横浜にいる野口捕手と、阪神坪井選手のトレード。これは両方にとって良いトレードだったと今になって言えるでしょう。
03年オフは、横浜から横山選手をトレードで獲得して、見事04年セーブ王に輝きました。
巨人で活躍した入来祐作を獲得したのもこの年ですが、結局失敗となりました
05年オフは、巨人でリリーフとして活躍していた岡島を、今は巨人で活躍している古城と実松を出してまで獲得しましたが、結局1年しか日ハムにはいませんでしたが、見事な活躍をしてくれました。
06年オフの2つのトレードは失敗。
07年オフはヤクルトと3対3の大型トレードを実行。藤井・坂元という大物2人を獲得するも、藤井は貴重な先発として2年のみ、坂元は1年しか活躍せず。一方川島は新天地で大活躍。押本も貴重な中継ぎとして大活躍していて、結局大損のトレードとなりました。

そして08年オフに、近年屈指の大型トレードである、二岡・林←→マイケル・工藤のトレードを実施。
1年目は林の活躍、マイケルの不調から日ハム有利と言われましたが、今年になってマイケルが大活躍をし、マイケルのいなくなった日ハムは09年から抑えの武田久が絶不調となり、微妙な面白いトレードであったことが分かりましたね。

昨年オフも日ハムは横浜と3対3&1対1のトレードを実施。
3対3のトレードは微妙なところですが、1対1のトレードは日ハムにきた石井がいまいち活躍せず。逆に横浜にいった江尻は大活躍。ちょっと両方とも失敗だったかな、と思いますね。


このトレードはどうなるんでしょうか

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。