スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来期の日ハム

まだ新加入の選手が来るかもしれませんが、来期の日ハムのスタメン&先発ローテ&中継ぎ投手陣を考えて見たいと思います。


来期、野手陣の鍵となるのは稲葉。
この稲葉が、どこを守るかでメンバーが替わってきます。
38歳という高齢になった今年は、ファーストが空いているというチーム事情もあり一塁で34試合の出場をしました。
来年は高橋信二がおそらく復帰してくると思いますし、外国人野手もとらないわけにはいかないと思います。
そのため、稲葉が通常のライトを守るか、それとも競合が予想されるファーストにいくか、それともいっそのことDHになるか。これがわけどころだと思うんですよね。

たとえば、稲葉ライト、信二ファースト、新外国人DHという構想であれば

1:田中 二
2:森本 左
3:稲葉 右
4:小谷野 三
5:糸井 中
6:新外国人 DH
7:高橋 一 (中田)
8:鶴岡 捕 (大野)
9:金子誠 遊

となるんじゃないかな、と予想します。
今期長打が多く勝負強かった小谷野は外国人バッターがきてもおそらく4番、左右の関係で左バッターの糸井は5番、となると、新外国人選手は打点が多く稼げる6番辺りに据えるんじゃないかな、と思いますね。
信二が不調ならファーストで中田を起用するということもあるかもしれません。

ではもうひとつ、稲葉がファーストで、外国人選手がDHであれば

1:田中 二
2:森本 左
3:稲葉 一
4:小谷野 三
5:糸井 中
6:新外国人 DH
7:陽 右
8:鶴岡 捕 (大野)
9:金子誠 遊

となりますかね。ライトは紺田が抜けたので陽確定といった感じでしょうか。
森本をライトにやって中田をレフトに回すということも考えられますが、森本ライトの冒険はおそらくしないでしょうね。


先発ローテーションですが、いまの所日ハムの1軍で活躍出来る先発投手は

ダルビッシュ、武田勝、ケッペル、ウルフ、そして新加入のオビスポ、ルーキーの斎藤、榎下の7人。
だいたい5人程度でローテを回している記憶があるので、となると順当にいけば最初の5人、オビスポまでをローテで回し、何かがあったら斎藤や榎下をいれるという形になると思います。

斎藤はやはりフォームの改造をしなければいけないので時間はかかるでしょう。
そのためオビスポをいれたと考えて良いと思います。
ちょっとケッペルの夏場以降の調子が上がらなかったのが気がかりですが、真面目な投手ですし、完璧に直して戻ってくるでしょう。


中継ぎ陣ですが、大きいのは建山の海外移籍。
地味に左投手は揃っているんですよ。巨人から移籍してきた林、かなりの好成績をおさめた宮西、そして東洋大からドラ3位で入った乾と。
ただ、武田久を除く右中継ぎが確定しているのはロングリリーフ要員の榊原だけなんですよね。

ウルフは好投しすぎちゃって先発要員になり月間MVP。中継ぎに戻すことは考えにくいです。
菊池は期待出来ますが、どうなんでしょうね。
金森は先発に上がってしまい不調に。サイレントK石井は8月以降2試合だけの登板。怪我ですかね…?
谷元は7月のホークス戦で大失態をして2軍へ。

ホンキかどうか分かりませんが、梨田監督曰く今期先発では制球力不足から大失態をおかしまくった吉川が来期は守護神候補にまで挙がっているそうで。

今期ルーキーで右投手は1位の斎藤と4位の榎下。どちらも先発からの登板が期待ですからね。

こうして考えると、日ハムは右の中継ぎ投手が足りないので、トレードあるんじゃないかな、と思うんですよ。

トライアウトから狙うとしたら、オリックスで実績のある本柳和也投手や右サイドと建山の後釜として丁度良い仁藤拓馬投手なんか良いんじゃないかな、と思いますね。


来年こそは勢いにのって日本一奪還して貰いたいです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
27332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
387位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。