スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のサッカー

最近のサッカー面白いですね。

まずは何から言った方が良いんだろう…高校サッカーですかね。
決勝は岡崎の出身校・兵庫の滝川第二と、京都の公立高校・久御山との近畿対決となりましたが、乱打戦を制したのは滝川第二。
得点王のFW樋口寛規は、さっそく岡崎が所属していた清水に入団が確定。
岡崎はドイツのチームに移籍するため、さっそく後釜として注目されてるようで。


その岡崎が代表入りしたアジアカップですが、日本凄い!!!
見事に優勝ですよ。これは凄い。
めちゃくちゃ興奮しましたね。視聴率平均30%越えを決勝で記録したのも分かりますね。

初戦のヨルダン戦では吉田のミスもあり1点を先制されたまま苦しい展開でしたが、後半ロスタイムの47分にその吉田が決めてなんとか引き分け。

次のシリア戦では、長谷部の先制ゴールが決まり有利な展開になるも、不可解な判定でGK川島が一発退場。
その後同点にさせられますが、直後の後半37分に本田のギリギリPKが決まり、2-1で勝利。

続いてのサウジ戦は、西川がGKとなってそれまでの鬱憤を晴らす5得点。
岡崎が2回目のハットトリック。前田も2得点と活躍しました。


そして準々決勝は地元・カタールとの一戦。ワールドカップ開催が決まってから調子に乗ってるチームです
前半始めに1点を先制されるも、香川のゴールで追いつくも、後半15分頃に吉田がこの2枚目のイエローを貰いなんと退場。その直後のFKを直接決められてしまい2-1に。
しかし本田のパスを受けた香川がまたしても決めて同点に追いつくと、後半44分には香川が倒された後のボールを伊野波が決めて3-2と勝ち越し、試合に勝ちました。

準決勝は宿敵韓国。
この試合は川島が神になった試合でした。
前半23分、不可解な判定でPKをとられると決められて0-1に。
しかし36分に、本田のパスをオーバーラップしていた長友がゴール前にいた前田に渡すという芸術的なパスで見事同点ゴール。
そのまま後半は無得点で延長戦に突入。
すると延長前半7分、PKを獲得。本田が蹴って勝ち越し…と思いきやそのボールを弾かれてしまう。
しかし猛烈な勢いで詰めていた途中交代の細貝が押し込み勝ち越しゴール!!細貝は代表初得点。
その余韻が残る延長後半7分に、ゴール前での混戦から韓国に同点ゴールを許してしまい、試合はPK戦に突入。

しかしここでも川島が凄かった。1本目のゴールを見事に止めると、2本目も止め、3本目では迫力負けした相手が勝手にミスるという展開でまさかの3-0でPK戦を勝利しました。


決勝はアジアに進出してきやがったオーストラリア。普通に強豪です。
日本キラーのケーヒルという奴がいるんですよね。現在名古屋に所属して昨季得点王のケネディがいない事が唯一の幸い。
この試合は前半後半無得点。またも延長戦に突入してものの、延長前半も無得点で迎えた延長後半4分。

このプレーが生まれるんですよね。実はこのプレーというのは、それまでの日本のシュートシーンの流れとは逆らったものだったんですよ。
身長180㎝越えの選手がごろごろいるオーストラリア相手では、ゴール前にロングボールをあげても全部とられてしまうんですよ。
ですから、それまでの日本は低めの弾丸ライナーで狙っていたり、パスを基本にしていたんですよね。

しかし、この4分のプレーでは、体力があり上がってきた長友が、ゴール前にいる途中出場の李をちらりと見て、それまでと同じようにゴロを出すものだ、とオーストラリア代表選手は考えて、壁を作ったんですよね。李の前に。
ただ、長友はそれを裏切って高めのパスを出すと、それをフリーになっていた李がダイレクトボレーシュートを決めて先制!!!
その後の猛攻も耐え、日本は4度目の優勝を飾りました!!!

大会MVPは本田でしたが、個人的には川島と長友に贈りたいです。
川島は準決勝・決勝と見事なプレー。PKだったり退場は不可解な物でしたから、完璧な守備といっても良いでしょう。彼がいなければ韓国相手に負けていたでしょうね。
長友は脅威的なスタミナで、韓国・オーストラリアと延長が続いた物の最後まで走りきってました。これは凄い。

ザッケローニ監督はまだ就任してから無敗ですよ。凄いですね。李を途中で入れた采配も見事。


そしてアジアカップが終わり、先日とんでもないビッグニュースが入ってきました。

それは、DF長友が現在所属しているチェゼーナから、イタリア・セリエAの超名門、インテルへの移籍が決まりました!!!
なんなんですかこれ。ですよ。
このちょっと前にFC東京から完全にチェゼーナに移籍をした長友は、契約金7億+1人イタリア代表を無償レンタル、年俸2億円というビッグ待遇です。その選手はセンターバックのレギュラーですよ。
もちろんインテルにアジア人が入るのは史上初。今まで日本人で最高位は稲本のアーセナルでしょうが、それをはるかに超える位置です。マンUにいるパク・チソンより上でしょう。

インテルといえば昨年のトヨタカップ優勝チーム。名実共に世界ナンバー1チームです。
得点源はカメルーン代表として日本相手に戦ったエトー
背番号10、エースになるのはオランダ代表としてW杯優勝に貢献、得点王に輝いたスナイデル
長友とは逆サイドの右サイドバックは、世界最高のサイドバックといわれるブラジル代表マイコン
キャプテンはマラドーナに嫌われて南アフリカW杯には出なかった物の、アルゼンチン代表最多キャップ数を誇るサネッティ
その他アルゼンチン代表・ミリート・カンビアッソ、ジダンとの一戦で話題になったイタリア代表マテラッツイという自分でも知ってるようなプレイヤーが揃うチームに長友は入ったんですよね。

注目すべきは地元イタリア選手の少なさ
セリエAは、このようなチームが5連覇を果たしている事を不安に思い、今は外人選手の起用を制限しようとしている最中に、日本人の選手を獲得するという事ですから驚きですね。


その他の選手も活躍していて、この大会で怪我をしてしまい、後半戦絶望となってしまった香川は、ブンデスリーガで前半戦MVPの活躍中。本当に怪我がおしまれますね。
岡崎は有名海外サイトで注目の5人のうちの1人に選ばれたそうですよ。

野球のWBCに一時期おされていた日本サッカーでしたが、選手の海外流出という過去や野球界で問題視されている事で日本が盛り上がるとは思いませんでしたね。
これから日本のサッカーのレベルも大きく上がってくるんでしょうか。


ちなみに今現在の日本のFIFAランクは17位。
ワールドカップ前は45位ですからね。
ちなみに18位がアメリカ、そして19位がなんとフランスですよ。
このFIFAランクってなかなか面白くて、意外な国が意外な所にいるんですよね。
ぜひ見てみてください。


http://www.tsp21.com/sports/soccer/fifaranking.html

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。