スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅野投手

結局、東海大の菅野投手は日ハムを入団拒否して浪人する意向でいるらしいですね。

プロ野球界にとって、そして日ハムファン巨人ファンとしてこの決断は残念でなりません。

当然人それぞれファンの球団はあるでしょうが、やはりほとんどの選手がプロ野球に入りたいというのが夢であって、球団は入った所で活躍すべきではないでしょうか。

自分が知ってる中でも、完全に意中ではない球団で活躍した選手は沢山います。多いです。
たとえば松井秀喜選手。松井は根っからの阪神ファンで、阪神で活躍することを願っていたのですが、交渉権を獲得したのは長嶋巨人。指名後の会見では本当に暗い顔をしていたそうですが、結局は巨人に入団してあの活躍ですよ。

あとは松坂大輔投手。松坂の本命は当然地元横浜ベイスターズ。ただ日ハム・西武が競合して、結局交渉権獲得は西武。当初は社会人かと言われたそうですが、入団してあの活躍ですよ。

日ハムに限れば、絶対ダルビッシュだって須永だって入りたい球団には日ハムは入ってなかったと思うんですよね。
それでも指名されたところに入って、成長するというのは非常に良かったと思いますし。菅野投手もそうなってほしかったですよ。


絶対入団拒否した選手は活躍しないと思うんですよね。浪人すれば尚更。

近鉄を蹴って日本生命に進んだ元中日の福留選手、オリックスを蹴って東京ガスに進んだ内海投手、日ハムロッテを蹴ってホンダに進んだ長野選手など一部例はありますよ。

ただ、クラウンライターなどを蹴って法政大や浪人を経験した江川投手は明らかに実力以下の活躍。
史上最多8球団競合を蹴って松下に進んだ小池秀郎投手はプロでの大活躍は1年のみ。

元木大介も高校時代の活躍ぶりでいえば、プロであんなに小型になってしまったのは残念なところ。

変わった例では、元西武の三井投手は高校時代ダイエーの指名を拒否、社会人に進みましたがなんと9年も指名漏れ。
その後2ケタ勝利を2回、20ホールド以上を2回記録しましたが、選手生命は短かったですね。これであの時入団してたらどうなっていたか。



まぁドラフト会議自体も問題がありますよね。
絶対に入団するようにと作られたプロ野球志望届も、こうなってしまったら意味がないですよね。
ドラフト会議の変更が必要なんじゃないでしょうか。


自分が今提案したいのは、現方式+メジャーリーグ方式+NBA方式。

まず完全ウェーバー制です。その年最下位の2球団からどの順位も指名。これはメジャー方式。
1位に限っては入札抽選。これは現方式

そしえNBA方式ですが、もし今回のように入団拒否、他球団に行きたいという場合は、その他球団に指名した選手をトレードして、その代わり他球団から何らかの補償(金銭や来年の1位指名権譲渡など)を受けるという方式です。
これであれば、今回や長野みたいに各球団遠慮して1位指名しないという異変もないですし、もし拒否されても拒否された球団に損があまり発生しなくなります。

指名した選手をすぐトレードすることに批判は出るかもしれませんが、全球団が納得するのはこの形ではないでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
27332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
387位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。