スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「andymori」という逸材

「andymori」というバンドを知ってますでしょうか。

まだインディーズでアルバム3枚しか出してないのですが、その全てが音楽評論家や雑誌などで高評価を受けているバンドで、若手ナンバー1クラスの期待値を持てるバンドです。

ボーカル、小山田壮平の音楽感が素晴らしいんですよね。歌唱力や演奏力はもちろんですが、作詞作曲がとてつもないレベルなんですよ。
基本的に疾走感溢れる曲が多いんですが、それを見事に歌い上げているんですよね。ライブでのかなり早口で唄っているのをぜひ見て貰いたいですね。

1枚目のアルバム、「andymori」のレベルがとにかく凄い。
1曲目のFOLLOW MEから4曲目の青い空、そして最後のすごい速さまで全曲素晴らしい。

とくに自分のお気に入りはこの曲





すごい速さ、という曲です。andymoriの特徴である、疾走感があり短い曲なんですが、最初から最後まで凄いので何度でも聴きたくなってしまうんですよね。

あと、この曲も好きなんですよ





ベンガルトラとウィスキー、という曲です。この曲もめちゃくちゃ疾走感溢れる曲ですよね。通学時に聴くと元気を貰えます。



そしてこのアルバムの1年後に出した「ファンファーレと熱狂」は第3回CDショップ大賞の大賞を受賞するという凄いアルバムとなりました。このCDショップ大賞はCDショップの店員がぜひオススメしたいアルバムを選ぶというもので、商業的になってしまったレコ大なんかよりも今現在はるかに信憑性のある賞レースとなっているんですよね。
そしてこのアルバムは文句無しの実力。
とくにこの1曲目の「1984」には度肝を抜かれました





それまで疾走感ある曲を売りにしてきたandymoriがアルバムの1曲目として持ってきたのがこの曲。
こういう曲作らせても天才なんですね。ボーカル小山田の優しい暖かい声を完璧に生かしている一曲です。

その他にも良い曲はもちろんあります。この「クレイジークレーマー」を聴いてみてください





andymoriの中で一番泣ける曲だと思うんですよ。心地よいメロディーにこの声ですからねぇ。
そしてこのアルバムを終わらせる一曲、「グロリアス軽トラ」も見事。





なんかこのシンプルさがメジャーのバンドにはない良さなんですよね。
メロディーが凄い好きな一曲です。


そしてこのアルバムから約1年4ヶ月ぶりに出したのが「革命」というアルバム。
ドラムが入れ替わった後の一作なんですが、それを感じさせない素晴らしさとなっています。
とくにアルバム名にもなった「革命」は素晴らしい。





2011年、自分の勇気を貰える曲ナンバー1です。なんか頑張ろう、って気になりますよね。
もっともっと人に知られて良い曲だと思います。
そしてこの「Peace」という曲も素晴らしい





2005年に、ボーカル小山田の姉がアルゼンチンで有名冒険家と同乗していた車の事故で他界して、それに関係している曲とも言われています。


このような素晴らしい曲を作ってきた中で、今最も新しく、震災後に発表したのがこの「兄弟」という曲





もうね・・・完璧というか、全てが込められている気がしますね。
なかなか言葉にも出来ないような感情を与えてくれる曲だと思います。



「andymori」、これを見たほとんどの方が初めてこのバンドを知ったと思うのですが、ぜひこれから注目していってくれたら嬉しいです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
22087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
254位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。