スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC参加決定

WBCへの参加が決定したそうです。
ニュースで見てると、明らかに日本への収入分配が少ないように思えますが、きちんとした組織になっていない今の現状では仕方ないことですね。おそらく初期のW杯もこんな感じだったのではないでしょうか。

さてさて、次なる問題は監督選考、選手選考ですよ。

監督は今のところ前中日の落合か、現ソフトバンクの秋山、前回監督の巨人、原の三人が有力視されています。

3人とも野手出身なので、野手についての選手起用術でいくと、落合は実績実力関係なくその時良い選手を選ぶというのが信念。
秋山はデータ野球で小技も出来る選手や守備走塁に秀でた選手を選ぶことが多い。
原は大物選手相手でも思いきった打順変更やスタメン落ちができ、代打や守備固めを送るタイミングは天才的な監督

こうして見ていくと、自分にとっては実績もあり大物相手に屈しない原監督がベストだと思ってしまいます。
落合監督は采配は良いと思うのですが、選手がついて行くのかが微妙なところ。秋山監督はちょっと普通すぎる監督なんですよね。経験もまだ浅いですし。


選手選考ですが、おそらく今回もメジャー組の参加は認められるでしょう。

前回とおんなじ人数だった場合の選手予想をしてみたいと思います。
前回は投手13人、捕手3人、内野手7人、外野手6人でした。
監督によって差は出るかもしれませんが、前回チームでは巨人の5人が最多でしたので、今回は1チーム5人までという考え方でいきたいと思います。
選考理由も軽くどうぞ。


【投手】

先:ダルビッシュ有(レンジャーズ) ・・・ 当然でしょう。日本のエースに
先:黒田博樹(ヤンキース) ・・・ ボールにも慣れてますし、投球数が少ないのは利点
先:岩隈久志(マリナーズ) ・・・ 前回大会実質MVP。メジャーにも慣れ当然の選出
先:前田健太(広島) ・・・ 今年の活躍を見たら選ばれるでしょう。予備の先発要員
中:山口鉄也(巨人) ・・・ 前回大会も好投。中継ぎエース格になれる存在
中:浅尾拓也(中日) ・・・ 間に合えば当然選出でしょう。間に合って欲しい逸材
中:藤川球児(阪神) ・・・ この男はメジャー打線にも通用します。
(中:山口俊(横浜) ・・・ 横浜0も可哀想なので・・・実力はある投手です)
中:宮西尚生(日ハム) ・・・ 貴重な左ですし、ここまでの活躍見たら初選出はあり得る
中:涌井秀章(西武) ・・・ 抑え転向後の成績を見たら、十分選ばれる可能性はあります
中:攝津正(ソフトバンク) ・・・ 元中継ぎエースですから当然の選出
中:吉見一起(中日) ・・・ 中継ぎ能力には疑問も、成績を考えれば選出か。
中:杉内俊哉(巨人) ・・・ 抑えも任せられるサウスポーとしての選出。
抑:田中将大(楽天) ・・・ 絶対的守護神として最後を任せられるのはこいつしかいない。


【捕手】

阿部慎之助(巨人) ・・・ 打力に期待の選出。一塁としても出場出来る
炭谷銀仁朗(西武) ・・・ 守備力オンリーの選出。ここまで失策1は見事
里崎智也(ロッテ) ・・・ 消去法的な選出にはなってしまうものの、実績はある


【内野手】

一:稲葉篤紀(日ハム) ・・・ チームリーダーとして、巧打の選手として当然の選出
二:田中賢介(日ハム) ・・・ 左右関係なく打てる選手。守備も良い
二:井端弘和(中日) ・・・ 今年は良い成績。セカンドの経験もあり
遊:中島裕之(西武) ・・・ 打撃能力は抜群。メジャーへのステップとして
(遊:鳥谷敬(阪神) ・・・ 今年状態よくないですが、守備の良さと打撃の巧さがある)
遊:坂本勇人(巨人) ・・・ 勝負強さは球界一。DHや代打の切り札として
三:松田宣浩(ソフトバンク) ・・・ ケガ次第だが、打撃能力の高い選手
三:中村剛也(西武) ・・・ 確実性はないものの、ここぞという時の一発に期待できる


【外野手】

青木宣親(ブリュワーズ) ・・・ メジャーでの活躍をみたら当然。先頭打者候補
糸井嘉男(日ハム) ・・・ イチローの代わりのライトとして。打撃も良い
内川聖一(ソフトバンク) ・・・ 安打製造器は今年は不調も、レフトとしてやはり選ばれるか
聖澤諒(楽天) ・・・ 俊足と好守を考えれば選出したい選手
長野久義(巨人) ・・・ 守備力と打撃での選出。
大島洋平(中日) ・・・ 栗山のケガ次第。守備は良いものの、得点圏打率と打点に不安が残る


このようなメンバーにしてみました。どうでしょうか。
イチロー、松坂、上原、岩瀬、栗山などは選びませんでした。栗山のケガが心配ですが、もしかしたらここにイチローが入るサプライズもあるかもしれませんね。
投手は基本先発3枚と考え、予備としてマエケンを入れてみました。
抑えは田中将大。先発もやらせてみたいですが、彼の抑え能力はピカ一。もし追いつかれても2、3イニングと投げられる体力があるのは安心できます。

捕手は城島がいないので順当に阿部が正捕手候補。残り2人は妥協しての選出です。

内野手では前回外野出場の稲葉が一塁としてのスタメン濃厚。打撃はまだまだ健在ですし、チームリーダーとしてなくてはならない存在。
セカンドは賢介のケガが心配。出場不可能なら正セカンドは井端で、井口か川崎が出る可能性があります
おかわり君は打率の低さが心配も、大砲不在のチームなので入れてみました。

外野手はイチローが抜けたことによってライト糸井は確定。レフトの人材がいないのが不安要素。順当に内川を入れるか、長野がコンバートされるか。
正センターはメジャーで活躍している青木で間違えないでしょう。


追記:どうやらメジャーのキャンプとWBCがかぶることによって、メジャー参加をもくろむ藤川や中島は参加をしない・・・という記事があったので、もしそうなった場合の代わりの選手をあげてみました。




侍JAPAN、強いと思いますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
27332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
387位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。