スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰で自殺

大阪の桜宮高校で、非常に悲しい「事件」が起きた。
強豪男子バスケットボール部のキャプテンが、監督の体罰を理由に自殺してしまったのだ。

驚くべきは、Twitterなどを見ると体罰で自殺した生徒側を非難する声があることだ。
いじめ事件が起きれば加害者を徹底的にたたき、問題を起こした芸人に対しては自殺を勧めるくらいに徹底的にたたくTwitter。

限度を知らないどころか、加害者の気持ちも理解できてない連中が多い。

そもそも体罰とは何か。体罰とは、通常の指導方法ではありえない、関係ない罰を与えることである。

たとえば、宿題を出来なかった生徒の顔をたたく。これは体罰である。
「間違いを怒る」「出来るまでやらせる」これなら正しい教育方法であろう。それによって宿題が出来るようになるのであるから。
ただし、たたくという行為と宿題が出来るようになるかは一切の関係がない。この関係ないことを罰としてするのが体罰である。

自衛隊の体育学校で、きつい訓練を指示するのは体罰ではない。これは練習に関係あるからである。
ただし、仮に足を強く蹴ったとしよう。足を蹴られることと、練習で成長すること関係あるだろうか。これは体罰に当たることである。


体罰とは教員からのいじめと考えて良い。
そして体罰とは指導力のないへたくそな教員がやることである。
教員の仕事は、言葉や自分の体を使って教育することなのではないだろうか。

そのようないじめられた加害者に対してTwitter民は非難しているのである。

あなたは、それでも加害者を非難できますか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
19877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
215位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。