スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミスタの戦術

ファミスタの面白い所は、実在の選手が登場したり、課金すれば強くなっていったり、プレイヤー同士の交流が出来たりする所ですが、一番の面白どころは試合の作戦が色々立てられる所だと思います。

基本、ファミスタは6イニングか9イニングで戦います。
時間がない俺としては、夏休み中とか長期の休みが無い限りは6イニングのリーグで何リーグか済ませてしまいます。

9ではなく6イニングにすると、同じ最大wpでも中継ぎ投手のwpが減らせるので打撃や先発投手を強くする事が出来、難易度としては上がるのではないかと思います。


ファミスタのリーグの面白い所は、現実のプロ野球とは違って、ほぼ一度戦った相手とは数ヶ月は二度と戦わない事です。
ですから、色々な戦術を使う相手と戦わなければ行けないのです。


俺が試合をしていて、楽だな、この相手なら勝てるなと思ってしまう戦術が、初球攻撃初球抑えの監督さん
バッターは初球からどんどん振ってきますし、ピッチャーは初球から決め球のような球を使って仕留めようとします。
たしかに、初球は甘い球来る事多いですし、初球から相手を決めさせられれば球数使わなくて良いと思います
ただ、こういうタイプは投げる時はストライクからボールになる球を投げれば詰まってのゴロか浅いフライになりますから抑えるのは楽ですし、打つ時は逆に初球狙ってホームランで一発攻勢出来ますしね。楽な相手です。

難しい相手は、そのまったく逆で追い込まれるまで打たなかったり、ボール球を上手く振らせられるような投球をしてくるタイプ。
追い込まれるまで打たないというのは、フォークが利いて体力のある投手なら逆に歓迎なんですが、多少弱い先発でやられると早い回で交代させなければ行けなくなって、初球甘い球が多くなるのを今度は狙われてしまいます。
ボール球を投げてくるのは見れば良い話なんですが、やっぱり配球が上手い人は上手いんですよね。
そしてダルビッシュなどの好投手が来ると、どうしても追い込まれる前に打ちたいですから、ボール球を打ってしまって凡フライになる事が多いんです…


俺の戦略としては、1回2回は相手の投球を見極めます。三振しても良いので追い込まれる覚悟で。
これによって、2ストライク0ボールの時に1級遊び球を使うか使わないかを調べたり、甘い球は何球目に来やすいかなどを調べます。
先ほど書いた楽に勝てる相手だと分かったら、初球からがんがん振って投球パターン変えられる前に大きく得点差を開いておきます。
難しい相手の場合は、なるべく上手く粘って先発投手を出来れば4回までに交代させる事ですね。
引き分けで5回以降、中継ぎ投手との対戦が出来れば勝率が上がります。


レベルが大分上の相手でも、自分の戦力と同じくらいなのに非常に上手かったり、逆に戦力はとてつもないんですが配球がヘタな人もいるので、1回2回はつぶす覚悟で毎試合戦ってます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
27332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
387位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。