スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 セリーグ順位予想

さて、来年度の順位予想したいと思います。今日はセリーグを。


1位:読売ジャイアンツ
期待の選手:長野久義

・・・戦力ダウンがありませんから、優勝候補筆頭でしょう。
菅野が加入したことで先発5番手6番手は相当な争いになるでしょう。
内海、杉内がどれだけ勝つのか。香月、公文などが加入し中継ぎ陣もさらに激戦となります。
野手は大きな問題、欠点はなし。今年のように猛打が期待されます。その中で1番長野の活躍がかなり重要になってきます。
新入団横川・井野選手はおそらく貴重な存在になると思いますよ。とくに井野は第二捕手候補です
そして新加入のホセ・ロペス選手は、一二塁を守れる右打ちということで巨人の補強点にピタリ当たっています。この選手は楽しみですね
唯一の問題としては、数多くの主力がWBCに選ばれているということ。とくに内海、杉内、山口、阿部の負担は大きいでしょう。開幕後は当然不調になるでしょうから、そこを他の選手でどう乗り切れるかですね。問題ないとは
思いますが


2位:中日ドラゴンズ
注目の選手:福谷浩司

・・・ソト、ソーサ、ブランコの3人が退団という前代未聞の事態になった中日ドラゴンズ
しかし権藤投手コーチが退団し、今中・近藤コーチになったこともあり、投手力は上がるのではないでしょうか。
吉見、浅尾が復活し、ルーキー福谷が活躍すれば上位進出は間違えありません。
打撃力はブランコがいなくなりセリーグ最低レベルですが、大島や井端で細かく野球をやれば得点はできそうです。


3位:阪神タイガース
注目の選手:コンラド

・・・西岡、コンラド、日高、福留の入団が確定。来年の阪神はとんでもないことになりそうです。
西岡は二遊間を守れる意味で、平野の代わりとしては文句なしですし、福留の加入は打撃守備共に大きい。
藤川球児の移籍は大きいですが、問題点はそこくらい。いかに抑え投手をすぐに見つけるかですね。
鳥谷以外は全員外様打線は12球団一でしょう。守備も安定し、走力も上がりそうです。
先発陣は能見が中心。さすがに今年から藤浪が活躍するとは思えませんが、田面、小豆畑、金田の3選手はおそらくルーキーイヤーから活躍するでしょう。


4位:広島東洋カープ
注目の選手:栗原健太

・・・戦力ダウンはほとんどないものの、いまいち上位に行く手がかりがない。
前田、野村、大竹が2桁勝利をし、あともう1人爆発的に活躍する投手が必要です。
野手陣は守備が不安なところ。もうちょっと打点を稼げる選手がいれば期待できます。そういう意味で栗原選手の復活には注目したいです。


5位:横浜DeNAベイスターズ
注目の選手:ブランコ

・・・ブランコ、多村、白崎注目の野手3人、三嶋、安倍と期待のルーキー2人がどれだけ活躍するかでしょう。
少なくとも6位脱出は十分考えられます。
打撃陣は文句なしでしょう。荒波・石川の俊足コンビにラミレス・ブランコ・多村のクリンナップは結構な脅威ですよ。ハマスタは狭いですからブランコも30本期待できますしね。
投手陣は・・・まあぼちぼちというところですね。三浦と国吉に2桁勝利を期待したいところ。抑えの山口はまずまずの守護神になってきましたね。
ソト、ソーサが加入して先発中継ぎ共に1枚厚くなったのも素晴らしいところ。
先発陣さえしっかりすれば、十分上位進出を狙えるチームです。


6位:東京ヤクルトスワローズ
注目の選手:バレンティン

・・・先発陣はそろっているのですが、貯金を作れそうな投手がいないところに心配があります。
野手陣は今年も怪我による戦力低下が痛そう。とくに相川や田中、川端が怪我をする状況となると大ピンチです。
ミレッジ、バレンティンの2人は大型契約の安心感からか大きな結果は残せそうにありません。そうなると得点力不足になってしまうでしょうね。
横浜、広島とのBクラス争いになりそうな予感がします。

大谷投手、日ハム入団

花巻東・大谷投手の日ハム入団が決まりました。

ドラフト前から大谷投手のメジャー行きを強く熱望していた自分にとっては納得のいかない結果となりました。
早くに行くからこそ成功できる近道が見えると思うのですが、プロを経験するということは少なくともそれが遅れることになります。

以前書いたように、プロを経てからメジャーに行くとなると、1年目からの活躍が義務づけられます。1年目は活躍できても、それ以降が厳しくなるのが当然です。
3年目のポスティング容認という話もありますが、そんなことをやるなら断ってほしいですね。というより容認した日ハムサイドに問題大ありです。

日ハムは建山、賢介、そしてダルビッシュとメジャーを認めてますから、もし将来大物になったとしても手放すのは確実でしょう。
その時までに何勝できるのか。楽しみではあります。

しかし菊池投手のように、メジャーに行く前に評価が下がってしまうこともあります。どうなるんでしょうね。ダルビッシュくらいの逸材になってくれたら良いのですが。

2012年 日ハム全選手評価

こつこつ何日かかけて、今年の日ハム全選手の評価をしたいと思います。
評価は評定+コメント。評定は以下のようにします。

A+:一軍で大活躍、期待以上の活躍
A:一軍で活躍
Aー:一軍で出場程度
B+:一軍登録あり
B:二軍で活躍
Bー二軍で出場程度
C:二軍登録程度


【投手】
石井裕也 A 試合出場は終盤のみも、少ない試合で大貢献
大塚豊 B 二軍で活躍。来年は一軍で先発の期待がかかる
榊原諒 A- 一軍でも二軍でも本来の結果が残せず
乾真大 A- 中継ぎとして登板が増えた物の防御率に課題
ブライアン・ウルフ A 2年連続で2桁勝ち、リーグ制覇に貢献
斎藤佑樹 A- 中盤以降は期待外れも、開幕勝利で5勝は評価したい
増井浩俊 A+ 最優秀中継ぎ投手。登板過多の中素晴らしい活躍
糸数敬作 B+ 先発として期待がかかるも、1登板のみ
武田久 A+ 夏頃から完璧な抑えを見せ、見事最多セーブ
宮西尚生 A+ 今年も完璧な投球だった。疲労が心配になるくらい
八木智哉 A 前半の6勝は見事も、その後はダメ。来年に進退がかかる
ボビー・ケッペル C 怪我により一年を棒に振るう。来年に期待
根本朋久 B 二軍では良い活躍も、一軍に上がれず
矢貫俊之 A- 一軍でまずまずの結果を残した。来年以降楽しみ
吉川光夫 A+ 文句なしの大活躍。日ハムのエースとなった。怪我が心配
榎下陽大 B- 二軍でも不甲斐ない成績に。まずは二軍で活躍を
中村勝 A- 試合数は少なかったが、まずまずの成績。ローテ定着せよ
武田勝 A+ 援護にも恵まれ、見事11勝。日シリの2敗が残念だった
木田優夫 B+ 一軍で結果残せず戦力外に。まだまだ活躍できる
若竹竜士 B+ 阪神から移籍も、一軍で結果残せず
植村祐介 A- 一軍では三振を多く奪うなど、ブレイクの兆し有り
森内壽春 A 即戦力新人として期待通りの活躍。来年は先発としても
谷元圭介 A 中継ぎ、谷間の先発としてまずまずの活躍
運天ジョン・クレイトン C 二軍でも打ち込まれ、戦力外の危機
齊藤勝 B 一軍の道は遠い。武器を身につけよう
上沢直之 B- 来年、再来年には一軍デビューを期待したい
多田野数人 A-  6勝したものの、物足りなさが残る。来年は2桁
宮本賢 B- 二軍でも散々な成績により戦力外
松家卓弘 B- 二軍で結果が残せず戦力外。フロントで期待
金森敬之 C リハビリ中も、戦力外に。

【捕手】
大野奨太 A- 鶴岡が絶好調だったため出番減。打撃成績の向上を
鶴岡慎也 A+ 打撃が良くなり、リーグ優勝に貢献
中嶋聡 B+ 大ベテランとしてチームをまとめた
尾崎匡哉 B 二軍では長打力を見せた。来年は進退がかかる
近藤健介 A- 新人高卒捕手ながら上々の一軍デビュー。第二捕手狙う
荒張裕司 B 捕手層が厚いため一軍は遠い。トレード候補か
大嶋匠 B- 二軍でもまずまずの活躍。野球に慣れれば活躍も早い

【内野手】
田中賢介 A 怪我はしたものの、3割は見事。来年はメジャーか
飯山裕志 A- 日シリでのサヨナラ安打は見事。貴重な控え選手
小谷野栄一 A- 二番での活躍は認めるが、打撃力が落ちた。
中田翔 A+ 打撃、守備で見事な貢献。来年は打率アップを
金子誠 A- 打撃、守備共に落ちつつある。ベテランの存在感を
マイカ・ホフパワー A 貴重な長距離砲としてまずまずの活躍
松本剛 B 二軍では活躍。失策の多さから一軍ではまだまだか
二岡智宏 A 代打の切り札として無くてはならない存在に
西川遥輝 A- 二塁手として賢介の穴を埋めた。来年は正二塁手に
加藤政義 B 次期正遊撃手として期待がかかるが、打撃が問題
岩舘学 A- 2本塁打を放った。守備力アップを
今浪隆博 B+ 守備力が課題も、代打として一軍登録
中島卓也 A- 常時一軍帯同で二遊間を守った。来年に期待
杉谷拳士 A- 打撃力を見せつけた一年だった。正二塁手候補
市川卓 B 二軍では活躍も戦力外に

【外野手】
陽岱鋼 A+ 一番センターとして全試合フル出場
糸井嘉男 A+ 打撃守備走塁全て完璧な年。WBCも文句なし選出か
稲葉篤紀 A+ 2000本安打も放ち、リーダーとして打撃も良かった
スレッジ B+ 怪我により退団。復帰が望まれる
鵜久森淳志 A- 3打席連続本塁打と長打力を見せつけた
石川慎吾 B 二軍で活躍し、一軍も近い選手。来年に期待
村田和哉 A- 守備走塁の要として一軍登録も、打撃に不安
佐藤賢治 B 二軍では出番があるものの、一軍登録の決め手に欠ける
関口雄大 B- 二軍で結果を残せず戦力外に
谷口雄也 B+ 二軍では打撃力を魅せた。成長が期待できる
浅沼寿紀 B- 野手登録になり、糸井のような選手になることが期待される


以上のようになりました。若手も多くが一軍でも活躍出来そうな選手ばかりなので、来年が楽しみです

2013年ドラフト 超先取りランキング

2013年ドラフト候補生と先取ってランキング形式で紹介していこうと思います。
社会人の年数は、今年度の年数のため、来年は+1でお考えください


1位:大瀬良 大地(九州共立大)
186cm89kg 右右 MAX152km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 長崎日大


・・・高校時代、県決勝で清峰の今村を破り、甲子園初戦で菊池の花巻東に善戦したことで注目されたが、大学進学を選び大学でパワーアップ
福岡六大学野球で3年終了までに29勝1敗という敵なしの数字をマークしている逸材。
MAX152キロの直球にスライダーが良い。コントロールはまだまだだが、その分奪三振率が高い。
地元ホークスや巨人が注目

2位:松井 裕樹(桐光学園)
174cm74kg 左左 MAX147km カーブ・スライダー・チェンジ・フォーク


・・・甲子園で22奪三振&19奪三振という今後破られないであろう記録をマークし、一躍世代ナンバー1投手の呼び声がついた。
ストレートも良いが、カーブやスライダーといった変化球は高校生ではなかなか当てることの出来ないキレを持つ。和田毅のような良い将来性を感じられる投手である
選抜には出られず負けてしまった部分など、まだまだ怪物と呼ぶには疑問が残りますが最後の夏でどんな活躍を見せるのか楽しみです。

3位:森 友哉(大阪桐蔭)
171cm80kg 右左 捕手 遠投95m 50m6秒2


・・・打って守れる捕手。こんな逸材は久しぶりでしょう。
体は大きくないのですが、長打力を持つパワーとU-18でのアメリカ選手のタックルに耐えられる体、精神力はすでにプロ級といっても良いでしょう。
2年生ながら春夏連覇の正捕手という実績も十分。リード面、強肩も普通以上でとにかく文句なしの捕手です。
すでに巨人、広島、そして阪神などがドラ1として注目していますが、間違えなく1巡目競合になるでしょう

4位:小林 誠司(日本生命)
178cm72kg 右右 捕手 遠投115m 50m6秒3 広陵→同大 1年目


・・・高校時代は広島・野村とバッテリーを組んだ捕手。その時からプロ候補
打撃でのマイナス面が気になる所だが、守備はプロでもすぐに通用するレベル。
遠投115m、定評のあるリード力など、魅力たっぷりです。

5位:岡 大海(明大)
185cm82kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・フォーク・カット・チェンジ 倉敷商


・・・投手でも野手でもプロで活躍が出来そうな逸材。
神宮計測ながら150キロの素晴らしいストレートを投げる投でも、4番として長打力があり、素晴らしいスイングを持つ打でもプロはドラ1候補として見ている。
個人的には打で外野を守れる選手になれば大成するのではないかと思います。

6位:浦嶌 颯太(菰野)
182cm83kg 右右 MAX151km カーブ・スライダー


・・・150キロを超える直球を持つ投手。全国的には無名も、選抜出場が確実となりどのような成績を出すかが楽しみ。
スライダー、カーブと球種は少ないが、素材型としてほしがる育成上手なチームは多いのではないだろうか。
高校の先輩である西勇輝投手がプロで活躍していることもあり、注目度が高まるであろう。

7位:渡邉 諒(東海大甲府)
178cm75kg 右右 遊撃手 遠投100m 50m6秒1


・・・中日に入った高橋周平と三遊間を組み、現在は遊撃を守る。
魅力は守備力。甲子園でも見事な守備を見せた。しかし甲子園でホームランを放つなど打撃も成長してどんどん評価が高まりつつある選手
もちろん走力もあり、走攻守そろった高校ナンバー1野手であるのは間違いないだろう。

8位:吉田 一将(JR東日本)
191cm90kg 右左 MAX146km スライダー・チェンジ・フォーク・カーブ 青森山田→日大 1年目


・・・ルーキーながら都市対抗、日本選手権決勝まで導いた逸材。いずれも準優勝に終わったが、間違えなく来年の優勝候補ナンバー1チームといえよう。
とにかくがたいが良く、長い腕を使った投球はなかなか打ちづらいと評判
変化球は抜群のため、もう少し球速を伸ばせばプロでも即戦力として期待されるだろう。

9位:河野 凌太(日本経済大)
177cm82kg 右左 外野・三塁 遠投110m 50m6秒2 明豊高


・・・走攻守三拍子そろった外野手。若い即戦力選手が欲しいチームにはもってこいの選手です。
長打力もミート力も良い打撃に、俊足によって非常に守備範囲が広い外野守備を見せます。
来年度はちょっと外野手不足かな、と思うので価値が高くなるのではないでしょうか

10位:九里 亜蓮(亜大)
186cm82kg 右右 MAX147km チェンジ・カーブ・スライダー・ツーシーム 岡山理大付


・・・東浜の陰に隠れていましたが、今年秋に3勝をあげブレイク。一躍ドラ1候補となりました
アメリカで生まれ、岡山理大付でもプロ候補でした。
制球力が良くなり、ツーシームをはじめとする多彩な変化球が魅力です。
今はまだ成長途中という感じがしますので、プロで大化けする可能性を秘めた投手です。

11位:中村 祐太(関東一)
181cm75kg 右右 MAX141km スライダー・カーブ・チェンジ


・・・選抜で1年生ながら4強の原動力となりました。
球速ははっきり言って無い部類ですが、それ以上に体感を感じるということですから、ノビが良いのでしょう
この球速の直球で三振が多くとれるというのは魅力です。他にもスライダーやチェンジアップが持ち味。
素材型として注目されそうな投手です。

12位:齋藤 英輔(青山学院大)
178cm76kg 右両 MAX152km スライダー・カット 青森山田


・・・大きな成績などは残していないが、150キロを超えるストレートを投げることが出来る速球派右腕
先発としての実績がなく、プロでも中継ぎなどで期待される。

13位:中辻 神司(三田松聖)
185cm81kg 左左 MAX145km カーブ・スライダー


・・・兵庫の無名高校に現れた逸材。145キロを投げる大型左腕です
投球フォームに特徴があり、打ちにくいと言われています。
これから伸びる可能性があり、ドラ1候補になっても不思議ではない投手です。

14位:三上 朋也(JX-ENEOS)
190cm82kg 右右 MAX147km スライダー・チェンジ・カーブ 県岐阜商→法大 1年目


・・・体つきの良さが魅力の即戦力投手。2種類のスライダーが持ち味

15位:榎本 和輝(京都翔英)
181cm80kg 右右 MAX138km 投手兼一塁手 遠投100m 50m7秒0


・・・無名校を秋季近畿大会で優勝に導いた逸材。
投手としては制球力がとても悪く、そこまで球速も速くないため注目はされませんが、目立つのは打撃。
とにかく凄い長打力を持ち、近畿大会では満塁ホームランを記録した。
これから本塁打数をどこまで伸ばすのか、広島や日ハムが注目している。

16位:中嶋 啓喜(明大)
180cm78kg 右右 外野手 遠投118m 50m5秒9 桐蔭学園


・・・需要が高まりそうな右打ちの強打者
六大学通算6本塁打。これから数字を伸ばせば長距離砲としての期待が高まります。
守備も良く、強肩の持ち主です。

17位:白崎 勇気(JR東日本)
178cm75kg 右右 MAX148km スライダー・フォーク・チェンジ・カーブ 駒大岩見沢→駒大 1年目


・・・吉田の陰に隠れているが、大学時代から注目の投手。横浜ドラ1の白崎とは親戚だそうです
常時140キロ以上の速球にフォークを持つ投手。抑えでなんかも期待できそうです
シンプルすぎる投手なので、何か武器を増やしたら上位候補になるでしょう。

18位:杉浦 稔大(国学院大)
188cm82kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・スプリット 帯広大谷


・・・高校時代から注目していた投手ですが、12年秋季にブレイク。見事4勝をあげました。
ノビのあるストレートが持ち味。高校時代より球速がだいぶ上がりMAX147キロになったことを考えると、これからどんどん成長していくでしょう。
変化球も悪くなく、来年の成績によっては1位候補になりうる投手です。

19位:大城 基志(JX-ENEOS)
172cm65kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット 宜野座高→名桜大 3年目


・・・今年度ドラフトはまさかの指名漏れ。しかし左腕の人気は高く、25歳を超えてもまだまだ指名の可能性はあります。
変化球の制球力も良く、プロでもまずまずの成績は間違えなく残せるでしょう。

20位:浦野 博司(セガサミー)
178cm70kg 右右 MAX151km スライダー・カット・フォーク・カーブ・チェンジ 愛知学院大 1年目


・・・威力のあるストレートと多彩な変化球が持ち味の投手。即戦力投手として、注目を集める

市区町村別高校野球ランキング

高校野球というと、普通は都道府県単位で○県は○県より強い、弱いなどと表します。
これを市区町村別に見てみたら、どの市区町村が一番強いのか、ランキング形式にしてみました。
強さの基準は過去の成績、現在の成績、イメージなどです。
東京23区はまとめて、政令指定都市の場合は市を単位としました

札幌市:北海高校、東海大四高校

仙台市:仙台育英、東北

秋田市:秋田商、秋田、金足農、明桜

山形市:東海大山形、日大山形

土浦市:常総学院、土浦湖北、土浦日大

宇都宮市:作新学院、文星芸大付、宇都宮工、宇都宮南

木更津市:木更津総合、拓大紅陵、志学館

東京23区:帝京、国士舘、修徳、岩倉、日大桜丘

町田市:桜美林、日大三

横浜市:横浜、慶應義塾、桐蔭学園

新潟市:日本文理、新潟明訓

金沢市:金沢、星稜、遊学館

福井市:福井商、福井工大福井、北陸

甲府市:甲府工、甲府商、山梨学院大付、東海大甲府

静岡市:静岡、静岡商、常葉橘

名古屋市:愛工大名電、享栄、東邦、中京大中京

岐阜市:県岐阜商、岐阜城北

京都市:京都外大西、京都成章、平安、鳥羽

大阪市:上宮、北陽

神戸市:神戸、市神港、育英、神戸国際大付、神戸弘陵、村野工

西宮市:報徳学園、関西学院、甲陽学院

和歌山市:桐蔭、向陽、市和歌山、智弁和歌山

岡山市:岡山東商、岡山理大付、関西

広島市:広島工、広島商、広陵、崇徳

高松市:高松商、英明

松山市:松山商、松山東、済美

北九州市:小倉、小倉工、九州国際大付

福岡市:福岡工大城東、東福岡、福岡大付大濠、福岡第一

佐賀市:佐賀商、佐賀北、佐賀学園

熊本市:済々黌、熊本工、九州学院

鹿児島市:鹿児島商、樟南、鹿児島実

那覇市:沖縄尚学、興南


このような結果になりました。
東京は東東京を代表する3校となりましたが、以外にも大阪市には高校が固まらず、PLや大阪桐蔭は別の市にあるということが分かりました。
目立つのは県庁所在地にある、一つ強い公立校に一つ強い私立校のパターン。
もう1つは県庁所在地に私立校が固まるというパターンです。
この中から独断でランキングをつけるとこうなります。


10位:神戸市:神戸、市神港、育英、神戸国際大付、神戸弘陵、村野工

・・・私立の強豪校に、戦前強かった公立校が合わさっていて、なかなかの市です。

9位:那覇市:沖縄尚学、興南

・・・2回甲子園優勝校が2校いる都道府県は、全部で8都道府県しかありません。
その中でここ10年ほどで4回優勝を果たした那覇市というのは凄い存在です。
沖縄尚学は選抜2回、興南は見事春夏連覇を達成しました。それに次ぐ高校が出ませんが、注目の市です。

8位:東京23区:帝京、国士舘、修徳、岩倉、日大桜丘

・・・思ったより強豪はそろいませんでしたが、帝京3回、修徳、岩倉、日大桜丘で1回ずつ優勝があります。
近年は関東一が強く、優勝するのも時間の問題でしょう。

7位:京都市:京都外大西、京都成章、平安、西京、鳥羽

・・・平安、西京、鳥羽の3校で5回の優勝、その他京都市からは11回の準優勝が出ています。
近年は平安のみですが、昔強かった高校が多いですね。

6位:西宮市:報徳学園、関西学院、甲陽学院

・・・県庁所在地ではない地域を見るとダントツの強さを誇るのが西宮市。
3回優勝の報徳学園、創設期に強く、近年力を戻してきた関西学院、1回優勝経験のある甲陽学院があります
さすがは阪神タイガースの本拠地といったところでしょうか。

5位:松山市:松山商、松山東、済美

・・・松山商業が7回、松山東が1回、済美が1回優勝しています。
近年松山商業の低落ぶりが目立ちますが、代わりに済美が出てきました。
しかしそれに次ぐ甲子園出場校がないのがちょっと残念なところ。

4位:横浜市:横浜商、横浜、慶應義塾、桐蔭学園

・・・横浜が5回、慶應が2回、桐蔭が1回優勝しています。横浜商業の春夏準優勝も大きな記録。

3位:広島市:広島工、広島商、広陵、崇徳

・・・広陵、広島商業の2強の学校があるのが広島市。崇徳も1回優勝です

2位:和歌山市:桐蔭、向陽、市和歌山、智弁和歌山

・・・反則レベルの強さ。戦前を代表する桐蔭(元和歌山中)、向陽(元海草中)に平成を代表する智弁和歌山がそろいました。
併せて計8回の優勝はさすが。

1位:名古屋市:愛工大名電、享栄、東邦、中京大中京

・・・愛知私学4強は全て名古屋市に学校があります。
併せて計16回の優勝はダブルスコアでぶっちぎりです。


ということで、最強市区町村は名古屋市となりました。
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
19283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
236位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。