スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC代表決定

ついにWBCの代表が決定しました!!
思い返せば、第1回WBCは王子シューレの人たちと、第2回は卒業直後、葛飾シューレの人たちと盛り上がった記憶があります。
今年は盛り上がりに欠ける・・・ような気がしますが、三連覇目指して頑張ってもらいたいと思います。

選ばれた選手は以下の通りです。


 ▽投手
涌井秀章(西武)抑え
能見篤史(阪神)先発
沢村拓一(巨人)先発
今村猛(広島)中継ぎ
田中将大(楽天)先発
杉内俊哉(巨人)先発
前田健太(広島)中継ぎ
森福允彦(ソフトバンク)中継ぎ
内海哲也(巨人)中継ぎ
大隣憲司(ソフトバンク)中継ぎ
牧田和久(西武)中継ぎ
山口鉄也(巨人)抑え
摂津正(ソフトバンク)中継ぎ


 ▽捕手
相川亮二(ヤクルト)捕
阿部慎之助(巨人)捕、一
炭谷銀仁朗(西武)捕

 ▽内野手
鳥谷敬(阪神)遊、一
井端弘和(中日)遊、二
松田宣浩(ソフトバンク)三、一
坂本勇人(巨人)遊、DH
松井稼頭央(楽天)遊、二
稲葉篤紀(日本ハム)一、右
本多雄一(ソフトバンク)二

 ▽外野手
糸井嘉男(オリックス)右、中
中田翔(日本ハム)左、DH
内川聖一(ソフトバンク)DH、左
長野久義(巨人)中、右
角中勝也(ロッテ)右


予想ポジションはこのように考えました。先発は4枚、田中、杉内、能見、澤村。
怪我が心配の前田、元中継ぎエースの摂津、抑え経験者の牧田などが中継ぎ。
抑えは調子の良い涌井と山口でしょうか。

捕手は当然阿部が正捕手。炭谷は代打での起用も考えられます。

内野手は明らかに遊撃手が多すぎる。何を考えているのでしょうか。
正遊撃手は井端で確定。二塁には松井稼頭央か。一塁は稲葉、三塁は松田で確定。
坂本はDH、本多は代走、守備固め、鳥谷は代打での起用が考えられる。

外野はレフト中田、センター長野、ライト糸井が確実的。
打撃好調の内川はDHや一塁での起用も考えられる。角中は代打、代走、守備固めなどあらゆる場面で起用されそう。


外れたのは怪我の浅尾、調子の悪い山井に、何故か外野手2人大島と聖澤を両方外す暴挙。
三塁守れるのが松田しかいない状況で村田を外すという暴挙もありました。


やはり山本浩二監督、どう考えてもへたくそですね。
遊撃手多すぎるでしょう。三塁や二塁を守れる選手が少なすぎる。
外野手はバランスとしては悪くないですが、いかんせん守備が心配。センター長野、そこまで上手くないですよ。後半は糸井をセンターに回し、ライト角中と守備固めをするのでしょうが、ちょっと心配ですね。


WBCどうなるでしょうか。楽しみです。

柔道日本代表体罰事件

なんでこう・・・2日連続で体罰事件を取り上げなければならないんでしょうね。

柔道日本代表監督の園田監督による、代表選手達への暴行、暴言が発覚しました。
しかもこの事をJOCなどが隠していたというさらなる問題も発覚しています。

園田監督は会見で「一方的な信頼関係だった」と語っていますが、これについては良く理解しているな、と思います。

体罰というのは信頼関係、アフターケアがなければただの暴力、犯罪に値します。

単純な話です。信頼されている者になら多少厳しくされてもその後を信じて受け入れることができます。
ただ信頼されてない者に暴力をされても、なんだコイツとただの敵対関係に移ってしまい、それが続くと今回のような告発につながります。


体罰では選手達は強くなりません。今回のロンドンオリンピックで日本柔道の金メダルが松本選手の1個だけだったということでそれは証明されたでしょう。
昔は体罰で喜んでいた時代があったのかもしれません。ただし、時代を考え、選手達のことを考えれば体罰では育たないな、ということは日本代表の指導者であるなら簡単に理解できると思います。素人ではないんですから。

暴力暴言全てが悪いとは思いません。たとえ信頼関係のない状況で叩いたり暴言を吐いたりしてしまったとしても、その後に応援の言葉などでアフターケアをすれば、さらに選手が伸びるのだと思いますが、それをしなかったんでしょうね。
私たち学生も、何か学校で怒られた後に、アドバイスを受けたり、頑張れと声をかけてもらえると、よし頑張ろうと以前よりもパワーアップすることがあります。
アメとムチという言葉がありますが、それを使いこなせないようじゃ元から体罰などするべきではありません。


これはあくまでも私の意見ですが、何故十数年で急激に日本サッカーのレベルが上がったのか。
それは、この体罰がないからだと思うんですよね。

体罰が見つかった柔道は日本は衰退中。体罰が良く見られるバスケやラグビーは世界のトップクラスに未だになれず。
一方、高野連の努力で体罰を無くしつつある高校野球界では、体罰のない学校が甲子園優勝をするようになり、高校野球界のレベルが上がったように感じます。
高校サッカー界では体罰というのをあまり聞いたことがありません。比較的に若い、新しい考え方を持つ監督が多く、体罰では育たないと認識している人が多いからでないでしょうか。その結果、今や世界のトップクラスを狙える強さになりました。

世界で体罰を行っている国は一切ありません。下手すれば訴えられますからね。
日本スポーツ界も世界を見習っていかなければ、いつまでたってもレベルは上がりません。


2020年、東京でオリンピックを目指すのであれば、全競技全監督の見直し、教育を行っていくべきだと思いますね。
そして今回の問題を隠蔽した柔道協会、JOCには何かしらの処罰を与えなければなりません。

桜宮高体罰事件

先日私が記事にした後、大分話題になった桜宮高校体罰事件。
バスケ部の顧問は告訴され、おそらく有罪となるでしょう。

この事件に対して、橋下大阪市長は桜宮高校スポーツ科の入試中止と、全教員入れ替えを示唆しました。

私は大阪市長としても、維新の会代表としても橋下氏は大嫌いなのですが、この決断には良くやったと言いたいです。

さらに追加して、スポーツ科だけではなく普通科も今年1年は入試中止にすべきだと思っています。普通科もスポーツの授業があるそうですし、ここで全て中止にすることに意味があると思います。

思えば大津のいじめ事件より前に、社会問題化したいじめ事件がいくつもありました。
中野富士見中学いじめ自殺事件、旭川女子中学生集団暴行事件、丸子実業高校バレーボール部員自殺事件など。
この記事をご覧頂いているあなたは、全てのいじめ事件の経緯なんかを覚えてますかね?おそらく覚えている方はいないでしょう。Wikipediaなどを見て確認してください。
このように、一時は社会問題となった事件でも、数年経てば風化されてしまうのです。いじめ事件は5年に1度社会問題化すると言われていますが、それは風化から起きる現象です。

今回の体罰問題も、このままでは5年後また大きなニュースが起きてしまうでしょう。
それを防ぐことが大切なのですが、そのためには入試中止というのをする必要があります。

入試中止にしなければ、大阪市の歴史としても、桜宮高校の歴史としても今回の体罰事件は載らないことになってしまいます。入試中止をすることによって、歴史に名を入れて、毎年毎年悲惨な事件があったということを思い起こせるようにしなければいけないのです。
数十年前にあった学生運動、特に東大紛争が何故今でも有名なのか。もちろん東京大学という名門で大学生が動いたからというのもあるでしょうが、東京大学の入試が中止になったから有名になったとも言えるのではないでしょうか。そのくらい入試中止というのは強いインパクトがあります。

入試中止によってOB、在校生、教職員の意識を入れ替え、これから体罰のない学校にするための教育をするべきなのではないでしょうか。
それこそ、体罰によって自殺をしてしまったキャプテンへの償いなのではないだろうか。OBや中学生からは恨まれるかもしれないが、自殺をしてまで伝えたかった想いというのはこういうことなのではないだろうか。

また、教員入れ替えもすぐにやってほしい。
運動部キャプテンの顔を出さないでの記者会見には驚きました。入試中止を決めた当日の出来事です。
当日に記者会見を高校生が出来るのであろうか。できないだろう。おそらく、桜宮高校の教職員が手配をして、裏で指示をしていたに違いない。
在校生も卒業生も、親も桜宮高校に「洗脳」されているため、断ろうとはしなかったのであろう。

ここまで大きな事件になったのにも関わらず、体罰を支持し、自殺してしまった子を責めるような卒業生、親がいることには衝撃を感じました。自分たちは体罰が正しいと思っているのであろう。
こういう連中の意識を変えるには、教員を全員変え、新たな学校にしていくしかありません。個人的には廃校しても良いと思ってますが、大阪市の財政を考えるとそれも不適切です。


私もここまではひどくないですが、小学校時代に体罰を経験しました。
その私の意見として、桜宮高校の全入試中止と全教職員の移動を提案します。

2013年パリーグ順位予想

急遽いろいろなトレードがあったりしたので、順位を変更しました。
まずは糸井、八木と木佐貫、赤田、大引のトレードには驚きました。まさか糸井を出すとは。
あと1年でポスティングのお金ももらえ、なおかつ今が全盛期ですよ。2億7千万要求していたそうですが、そんくらい出しても良い選手だとは思うんですがね。なおかつ八木まで出して、この3人とはいささか微妙。


ではでは、今年の順位予想はこちらです


1位:福岡ソフトバンクホークス
注目の選手:ラヘア

・・・投手、野手の戦力はパリーグ一だったホークスですが、今年はさらに超超大型補強をしました。
まずはドラフトで東浜投手を獲得。今年いきなり活躍してもおかしくない即戦力右腕です。
トレードでは、横浜から山省、江尻、吉村を獲得。山省が入り込む隙はあるのかな・・・と思うくらいですが、江尻は間違えなく中継ぎに入り込めますね。噂によれば森福の先発転向があるそうなので。吉村も代打なら間違えなく驚異になりそう。
FAでは寺原投手を獲得。オリックスで復活し、念願の古巣復帰となりました。人的補償が誰になるか心配でもあります。そしてメジャー帰りの五十嵐を獲得。すんなり書きますが凄いことですよ。
そして助っ人補強が凄い。まずは元カブスのブライアン・ラヘア内野手を獲得。今季16本塁打で球宴にも出場した逸材です。そしてまだ噂段階ですが、4年連続2桁勝利のコレイア投手を獲得ほぼ確定、そしてAソリアーノ選手も孫社長のポケットマネーで調査中だそうで。凄いチームですね。

現段階で先発ローテは摂津、コレイア、大隣、寺原、武田に山田、東浜、山本などなどが入り込む戦国模様です。
まあ間違えなく優勝候補筆頭でしょう。


2位:埼玉西武ライオンズ
注目の選手:サファテ

・・・西武といえば中継ぎ。ですが、来年は期待できるかもしれませんよ。
まず広島の守護神、サファテ投手を獲得。これにより守護神だった涌井が先発に復帰し、先発の層が厚くなりました。
中継ぎには、ドラ1の増田投手と復帰のシコースキー投手、ウィリアムス投手、長田投手がいれば、炎上もそうそう起きないのではないでしょうかね。
先発陣は涌井に2桁以上を期待したい所。岸も2桁、牧田と石井一も今年のような活躍で2桁いけば、これは強いと思いますよ。
野手では中島のメジャーと中村の長期離脱が非常に痛いところ。
しかし、3Aの大砲スピルボーグス選手とヘルマン選手がチームを引っ張れば、まずまずのマイナス点ですむのではないかと思うのですが・・・どうですかね。

3位:オリックス・バファローズ
注目の選手:東野峻

・・・寺原が抜け、日高が抜けたオリックス。
松葉、佐藤、戸田、伏見のルーキーにはいきなり起用が考えられます。
エース金子とトレード移籍の東野の復活次第では一気に上位も考えられます。
ノーヒットノーランの西、素材は十分井川、新人王をとった八木などメンツはそろっている気がします。
野手陣は糸井、平野の加入で大型パワーアップ。後藤、坂口などの活躍によっては優勝候補となるでしょう。


4位:北海道日本ハムファイターズ
注目の選手:ケッペル

・・・田中賢介のメジャー挑戦、糸井のトレード、そしてコーチ陣総入れ替えで大きく変わりそうなファイターズ。
謙遜関係なしに首位はないと思うのですが、問題はAクラスにはいるかどうか。
怪我が心配な吉川は5月ごろの復帰でしょうか。問題はケッペルがどの程度投げられるか。
完璧に治ったのであれば、2桁近くは計算できる投手ですからこの順位もありえると思います。
武田勝、ウルフも幾分かの貯金は期待できそうですし。
野手では賢介の穴を埋める西川、杉谷などの若手の活躍が必須。サード小谷野、レフト中田の打撃にも期待がかかります。
糸井がいないというのはどう考えても打撃力、守備力、走力全てでマイナス。大谷が成長するまでライトが不在という緊急事態です。
大谷は代打などでの起用がありそう。投手起用はほぼないでしょう。
確実に苦戦を強いられる年になるでしょう。栗山監督の采配に期待です。


5位:東北楽天ゴールデンイーグルス
注目の選手:アンドルー・ジョーンズ

・・・来年の楽天には、史上最高成績の助っ人が加入することになりました。メジャー通算434本塁打、1933安打のAジョーンズです。2005年には51本塁打で本塁打王、打点王を獲得したまさにレジェンドです。
打撃が衰え、本塁打が出にくい宮城球場ですが、守備は素晴らしいですし三振も多くありませんし、球場も改修して少し狭くなったので、本当に期待できると思いますよ。楽しみです。
そしてメジャー60本バッターのマギーも獲得。これは凄い補強ですね。
投手陣では大エース田中に塩見、釜田、辛島など若手がどれだけ勝ち星を残せるか。
最後活躍したダックワースも大化けしそうな予感があります。

心配なのは打率を残せる野手陣。ジョーンズとマギーが来たものの、その前を打てるバッターとジョーンズを返せるバッターがいないんですよね。投手陣は援護には苦しむのではないかと思い、この順位にはしました



6位:千葉ロッテマリーンズ
注目の選手:川満寛弥

・・・成瀬に次ぐ先発がいないのが難点。唐川、大嶺、藤岡などの活躍、松永、川満らルーキーの活躍が絶対です
松永は謹慎明けで今年の活躍は難しいでしょうが、川満はおそらく即戦力で活躍できると思いますよ。
野手陣では角中、井口らヒットメーカー揃いの打線がつながれば得点はとれそうな気がします。
しかし、上位に上がりそうな決め手がありません。オリックスや楽天と3位4位を争いつつ、最終的にはこの順位になってしまうのではないかな・・・と予想です。


ソフトバンクの快進撃は予想出来ますが、2位以下はなかなか難しいですね。
これから補強も全球団するでしょうし、楽しみです。

体罰で自殺

大阪の桜宮高校で、非常に悲しい「事件」が起きた。
強豪男子バスケットボール部のキャプテンが、監督の体罰を理由に自殺してしまったのだ。

驚くべきは、Twitterなどを見ると体罰で自殺した生徒側を非難する声があることだ。
いじめ事件が起きれば加害者を徹底的にたたき、問題を起こした芸人に対しては自殺を勧めるくらいに徹底的にたたくTwitter。

限度を知らないどころか、加害者の気持ちも理解できてない連中が多い。

そもそも体罰とは何か。体罰とは、通常の指導方法ではありえない、関係ない罰を与えることである。

たとえば、宿題を出来なかった生徒の顔をたたく。これは体罰である。
「間違いを怒る」「出来るまでやらせる」これなら正しい教育方法であろう。それによって宿題が出来るようになるのであるから。
ただし、たたくという行為と宿題が出来るようになるかは一切の関係がない。この関係ないことを罰としてするのが体罰である。

自衛隊の体育学校で、きつい訓練を指示するのは体罰ではない。これは練習に関係あるからである。
ただし、仮に足を強く蹴ったとしよう。足を蹴られることと、練習で成長すること関係あるだろうか。これは体罰に当たることである。


体罰とは教員からのいじめと考えて良い。
そして体罰とは指導力のないへたくそな教員がやることである。
教員の仕事は、言葉や自分の体を使って教育することなのではないだろうか。

そのようないじめられた加害者に対してTwitter民は非難しているのである。

あなたは、それでも加害者を非難できますか?
プロフィール

コバルト

Author:コバルト
4月から大学に通っています。
自分の大学生活や趣味についてぼちぼち書いてます。

好きなスポーツは野球・バスケ・F1
野球は巨人&日ハムファンです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
49631位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
786位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。